【少年野球】試合で集中力を切らさない方法

グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

こんにちは。
野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

最後の夏が近づいてきました。

技術、メンタルともに鍛えられてますか?

今日は「試合で集中力を切らさない対処方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

◯試合中ミスをしたくない

◯試合中、集中力を維持したいと思ってる

選手のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

集中力の低下による失点、ミスを防ぐことができます。

試合を通して実力を発揮できるようになります

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

再集中プラン

試合で実力を発揮するためには集中力が絶対に欠かせません。

けど、集中力には必ず波があります。

集中力が低下した時に凡ミスしたり、実力が発揮できないことがあります。

先日の試合中に、ある高校のピッチャーに

「さっきの回は、集中できてたか?」

と聞くと

「集中し切れてませんでした」

と答えてました。

その回は、 打たれてしまったんです。

こんなことが起こらないようにするためには、集中力を極力落とさないようにする必要があります。

そのためには集中力が落ちてしまう前に対処する必要があります。

この対処法を「再集中プラン」と私は呼んでいます。

これは、集中力が落ちてしまいそうな時または落ちてしまった時に集中力を高める方法です。

再集中プランは 「~したら~する」

この~に言葉を当てはめて集中力を高めます。

例えば、集中力が切れやすい5回6回8回9回などの守備につく時に、

「守備に着いたら集中力アップトレーニングをする」

ピッチャーだと「フォアボールを一人出したら集中力トレーニングをする 」

バッターだと「空振りをしたら集中力トレーニングをする」

このように、

「~したら~する」を決めておき実践します。

そうすることで集中力の低下を防ぐのです。

集中力トレーニング高める方法としては何かの1点を観るとか呼吸法を行うことをオススメします。

99%が出来ていない

再集中プランを考えなくても集中し切れる。

または、集中力が落ちたのことに気づき集中力をアップする方法を実践できる。

こういう選手は、再集中プランをわざわざ考える必要はないと思います。

が、こういう選手は100人にひとりいるかいないかです。

 

99%の選手は集中力が落ちたことに気づかないと思います。

集中力が低下したことに気付かずプレーしてしまうと凡ミスなどをしてしまいます。

そうならないために、あらかじめ再集中プランを考えておくことをオススメします。

今日は、「試合で集中力を切らさない方法」をシェアしました!

その方法は「~したら~する」を考えておき実践するでした。

これ、試合で実力を発揮したりミスを未然に防ぐには超重要なことです

ぜひ次の練習の時に時間を作って考えることをオススメします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんが試合で集中できますように!!

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!


ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

関連記事一覧