menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

外野フライについて
下記のような質問をいただきました。

【質問】

>>小学2年生の息子が今年の4月から野球を始めました。
>>ようやくキャッチボールやらノックやらを受けながら色々と吸収してるところです。
>>周りの2年生の子は外野フライがとれ始めているのですが、
>>息子は落下地点に入る事が出来ず苦戦しています。
>>このあたりについて何かアドバイスがあれば是非お願いします。


————-
■回答
————-


今年から野球を始められたんですね。


ちなみに私も小学2年生から野球をはじめ、
中学は硬式クラブチーム、大阪桐蔭高校、大学と進学し、
独立リーグまでプレーしていました。

その後は、野球スクールのインストラクターを務め、
現在の職に就き、いろんなプロ野球選手やスポーツ科学に精通した教授など
多くのノウハウを仕事柄、学ばせていただいています。

そんな私からご質問内容について
アドバイスをお送りするとしたら、


まずは、「焦らないこと」です。


外野フライは、距離感を掴むまでは、なかなか容易に
落下地点に入ったり、キャッチすることができません。


この距離感というのは、空間認知能力なども影響するとは思いますが、
経験値を積めば、誰でもキャッチできるようになってきます。


ですので、「数をこなすこと」が大事です。


しかし、急に外野フライのような距離のある高いフライを
捕らせることはオススメしません。


最初は、手投げで近い距離で構わないので、
小さいフライを素手でキャッチする練習から始めてみてください。


グラブよりも小さい手でキャッチするには、
落下地点に素早く入り、捕りやすい体勢を作らないと
うまくキャッチできません。

また、落下地点に早く入る大切さを体で
感じ取ることもできると思います。


その後、グラブを使って徐々に距離や高さを伸ばしていき、
最終的に外野フライにつなげていくという手順をオススメします。


距離や高さを伸ばしていく過程のどこかで
失敗するケースも多々あると思いますが、

そのときに、
「こうしたら今のは捕れた」という教え方をするのではなく、

「今のはなんで捕れなかったと思う?」と
お子さんに問いかけてあげてください。


お子さんから捕れなかった理由を聞き出すことが大事です。


そして、その答えを聞いた上で、
不足している部分があれば、アドバイスを伝えてあげてください。


そのように接することで
お子さんに「考えるクセ」が付いてきて、

「どうすれば捕れるのか?」の答えを
お子さん本人が理解するスピードが上がり、
外野フライが捕れるようになる日も近づくはずです。

守備力向上プログラムはコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbun_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 捕球レベルをワンランク上げるコツ

  2. 高校入学に備えての練習

  3. 守備の一歩目を速くする方法

  4. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  5. 河童が少年達に今一番伝えたいこと

  6. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません……

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る