menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  4. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  5. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  6. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  7. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  8. 小学生の「タイミングのとり方」について
  9. 幼少期の野球指導について
  10. バック走と球速アップの関係性
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:トレーニング・ケア

最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。 ちなみに 去年の第98回夏の甲子園で 140キロ以上を計測したのは、45名、 150キロ以上を計測し…

プロ野球選手のバッティングの構えを見ていると どっしりと安定しながらもリラックスしている印象を受けます。 構えを見るだけで 「おっ、打ちそうだな」と思いますよね。 でも、趣味でやって…

今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ …

さて、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】息子は現在5年生で投手をさせていただいておりますが、肘の使い方があまり上手くないように見えます。…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】今僕は、中学1年生で、野球部で軟式をやっています。今のところ1年と9カ月朝のランニングを続けています。&nbs…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】トレーニング方法がいろいろありすぎて選択に困ってしまいます。…

前回までの記事で「タメ」と「カベ」を作るためのパワーライン理論についてご紹介してきました。「タメ」と「カベ」を作るための理屈はある程度、ご理解いただけたことと思います。…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】小学4年でピッチャーをしています。このごろわ6回70~80球ぐらい投げますがアイシングをしたほ…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】子供が小学4年生で投手をやっています。チーム内でコントロールが良いからとのことですが、球は山ボールの遅さです。…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】はじめまして。いつも楽しく拝見させてもらってます。小学校6年と4年の息…

さらに記事を表示する
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. バットの選び方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…
  2. バッティングのスイング軌道について 下記のような質問をいただきました。 …
  3. 最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。…

おすすめ記事

  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
ページ上部へ戻る