menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:トレーニング・ケア

今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!! 同じ練習していても ライバルと差をつけるには、 脳へ「インプットする情報量」 を増やすことが大切です…

今日は、「現代っ子に多い強い打球を打てない理由」 について話ししたいと思います。 結論からお伝えすると、その理由は、構えたときに 骨盤が後傾してることです。 後傾してるって、どういう…

-------- ■質問 -------- 初めて質問、ご相談する次第です。 うちの子供は5年生の夏頃から 軟式チームに入り、今年の春から中学生です。 ポジションはファースト、…

【質問】 昨年、息子が所属する中学野球部が、全国大会に出場しました。 うちの、息子もレギュラーで出ました。 けれど、全国大会が終わってから、みんな拍子ぬけしたみたいで練習や、 練習試合でだらけています。…

------------- ■ご質問内容 ------------- 4年、2年、二人の息子が所属する 14人で頑張っている野球チーム。 冬場のランニング練習メニューを 教えていただけた…

最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。 ちなみに 去年の第98回夏の甲子園で 140キロ以上を計測したのは、45名、 150キロ以上を計測し…

プロ野球選手のバッティングの構えを見ていると どっしりと安定しながらもリラックスしている印象を受けます。 構えを見るだけで 「おっ、打ちそうだな」と思いますよね。 でも、趣味でやって…

今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ …

さて、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】息子は現在5年生で投手をさせていただいておりますが、肘の使い方があまり上手くないように見えます。…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】今僕は、中学1年生で、野球部で軟式をやっています。今のところ1年と9カ月朝のランニングを続けています。&nbs…

さらに記事を表示する
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る