【少年野球バッティング】スイングが上手い子の特徴その理由とは?

いかがお過ごしでしょうか。

みなさんスイングが上手くなりたいですよね?

少年野球でスイングが上手い子には、ある共通する特徴があります。

今回はその理由を解説していきます。

それではさっそくまいりましょう。

ステップの使い方が上手い

ステップとは、前足へ体重を移動させることです。

トップの状態からバットを振り出すとき、後ろ足にかかっている体重を前足へ体重移動させる動作。スイングが上手い子は、この動作をスムーズにできています。

 

  1. トップの位置で後ろ足に体重をかける
  2. バットを振り出す
  3. 前足へ体重移動させる
  4. 腰を回転させる
  5. 肩が後からついて回る
  6. バットが出てくる
  7. 振り切る
  8. つま先をピッチャー方向へ自然と流す

体の開きを防止するため、つま先はホームベース方向に向けたまま止めて「前足で壁を作る」方法も一時期ありましたし、そのような指導をする人もいました。

しかし、足を止めたままだとヒザを壊す可能性があるので危険です。

バットを振り切るときは前足も一緒に自然に回すこと

体の回転とねじりの使い方が上手い

体をねじり、コマのように回転させると、パワー・スピードのあるスイングができます。

そもそも、腕の力だけでは打球を遠くに飛ばすスイングはできません。

大人でもそうとうパワーがある人じゃないと無理です。

スイングの上手い子は、体をねじり、回転させ、遠心力を使ってパワーのでるスイングをしています。

1.腰を回転させる

2.体がねじれる

3.肩の回転へつながる

4.腕に力が伝わる

5.スイングスピードが上がる

ポイントは、肩を動かさずに、腰から回すと体がゴムのようにねじれるので、ねじれた体が元に戻ろうとして肩が勢いよく回ります。

パワーを生み出す上半身の使い方を身につけましょう。

手の使い方が上手い

バッティングの上手い子は、手の使い方が上手です。

速いスイングをするには、重力に逆らわずに上から下に振り下ろす「ダウンスイング」が最もスピードがでます。

しかし、ダウンスイングでは打球が遠くに飛びません。

スイングには予備動作が必要です。

グリップを持つ手で円を描くように、いったん回してから振り出すと、スイングスピードが上がります。

また、上下に動かしたり(ヒッチ)手首を返す(コック)動作や、ゆらゆらとグリップを回す動きも効果的です。

振るときに、グリップエンドから先に出すようにすると、グリップエンドがおへそを通過した後からバットの先端(ヘッド)が、自然と弧を描くように付いてきます。

一見、遠回りの動作をしているようですが、ヘッドが遅れて出てくれば最終的にはスイングスピードが加速するので、速いスイングができます。

ポイントは、

構えのときは軽く握る。

振る時、バットを鞭のようにイメージしてスイングする。

そしてインパクトの瞬間に力強く握ることを忘れずに。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると、

  • 前足に重心をかけるステップ
  • 腰を回転させる
  • 体のねじり
  • 肩が回る
  • グリップエンドから振りだす
  • ヘッドが弧を描き後から付いてくる
  • スピードのあるスイングができる

以上がスイングが上手い子に共通するポイントです。

これらを意識して練習してみてください。

また、バッティングには下半身の強さが必要です。

日々ランニングなどを行って、下半身を鍛えて強くしましょう。

さらに、バッティング練習には速い球や遅い球、高い球や低めの球、変化球などさまざまな球種を投げてもらい練習すると上達しますよ。

それでは今回これで以上となります。

よかったら参考にしてみてください。

ありがとうございました。

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

関連記事一覧