打球が飛ばない子でも遠くに飛ばせるようになるコツと練習法

少年野球をしている多くの子どもたちの心の中の本音。

「ホームランを打ちたい…!」

野球のバッティングにおける醍醐味は、やっぱりホームランですよね。
打球が外野の頭を超えてダイヤモンドを1周してホームまでかえってくる。

子どもにとっても親にとっても最高の瞬間です。

でも、そんな最高の瞬間を野球をしていても、なかなか味わえない子どもたちがたくさんいることも事実としてあります。

特に少年野球では、体格の個人差が大きく出る時期なので、

・同級生と比べて、うちの子は体が小さい

・体が小さいから非力で打球が飛ばない

・バットの芯でとらえても内野の頭をなかなか超えない

などの悩みを抱えている少年野球の親御さんやお子さんも多いと思います。

そこで、この記事では、体が小さくて打球が飛ばない子でも遠くに飛ばせるようになるコツと練習法を紹介したいと思います。

体が小さくてもホームランを打てる選手はたくさんいる!

プロ野球には、体格に恵まれなくてもホームランを打てる選手はたくさんいます。

私の高校の先輩と後輩にあたる西武ライオンズの中村剛也選手森友哉選手も決して身長が高いわけではありませんが、ホームランを量産しています。

その他にも、オリックスバファローズの吉田正尚選手や福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手、広島東洋カープの菊池涼介選手など、体格が小さくてもシーズンのホームラン数が二桁を達成している選手がたくさんいますよね。

なので、ホームランを打つのに体格は関係ありません。

でも、努力は必要です。

そして、最も大事なことが「どうやって努力するか」その中身がカギになってきます。

おすすめの打球を遠くに飛ばすコツと練習法

打球を遠くに飛ばすコツや練習法というのは、ネットで探せばたくさん出てきます。

でも、たくさん出てくるから「どれが本当に効果的な練習かわからない」って思ったことはありませんか?

私は野球の知識や経験はありますが、娘がやっているテニスのことになると、正直どの練習方法やコツを参考にすることが正しいのか、その判断が非常に難しくて悩むことがあります。

きっと私と同じように野球経験のないお父さんたちは、判断が難しいと思うんですよね。

そんなお父さんたちに今回、「この練習法とコツは間違いなくおすすめできる」という内容をご紹介したいと思います。

紹介してくれる講師は、先ほど体が小さくてもホームランを量産できる選手として挙げた、吉田正尚選手も指導している、オリックスバファローズの田口壮コーチです。

田口壮コーチが語る「打球を遠くに飛ばすコツと練習法」

「打球が飛ばない…」その悩みを解決する1つの糸口になると思うので、この動画を見て日々の練習の参考にしてみてください。

 

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人沢村勇紀沢村勇紀
中学ボーイズリーグで二度の日本一。
名門・大阪桐蔭高校で、阪神・岩田稔、西武・中村剛也、中日・平田良介、元阪神・西岡剛らとともにプレー。
独立リーグ・紀州レンジャーズでの球歴も持つスラッガー。

関連記事一覧