【バッティングで力む理由を知っていますか?】

こんばんは。
お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

最近、
「体と脳のタイプ別の使い方」が色々とわかってきました!

これらがわかると、どう体を使えば瞬達できるのか、
どう脳を使えば瞬達できるのかがわかります。

今後、ブログでシェアしますので楽しみにしててくださいね!

今日は、「選手がバッティングで力んでしまう野球界の常識」について聞いてくださいね!

この野球界の常識とは、「インパクトで力を入れろ!」です。

「えっ!インパクトでは力を入れるでしょ!」

そう思った方もみえるでしょう。
ちょっと説明を聞いてもらえませんか?

インパクトでは、「力を入れる」のではなく「入る」と私は考えてるんです。

「入る」とは、「勝手に入ってしまう」ということです。

この考え方は、山田哲人選手も同じです。

「入れる」と考えると、意識で力を入れようとします。

意識では、0コンマ何秒の世界をコントロールできません。

これは、科学的に証明されてます。

コントロールできるのは、脳(無意識)だけです。

意識でインパクトで力を入れようとすると、99%はインパクトとずれてしまい力みます。

以上のことから、インパクトでは力を「入れる」のではなく「入る」ものだと私は考えてます。

では、どうすればいいか?

それは、ただ振ればいいんです(笑)

もちろん、インパクトで力を入れようとは思わないことです。

今回は、バッティングのインパクトの話をしてますが、

これは、ピッチングのリリースでも同じことです。

リリースも意識で変えようとしてはいけません。

力みますし、リリースの位置がバラバラになってコントロールが乱れるので。

「リリースも『ただ腕を振れば』いいんですね?」

と思う方がみえるでしょう。

半分正解です!(笑)

リリースの場合は、位置を変えたい場合は、腕を振るときに

「どこでリリースしてるかな?」

と感じながらリリースするとリリースする位置が良くなります(^_^)

リリースの位置が良くなればコントロール抜群になるので実践してみてくださいね!

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんやお子さんが瞬達できるよう応援してます!

 

力まないバッティングを実現するにはこれ↓

詳しくはこちら

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧