menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

あなたの教え子さんやお子さんは、
ストライクゾーンをちゃんと覚えてますか?

「ちゃんと」とは、胸から膝までと
知識として覚えてることではなく、
空間として覚えていることです。

これ、調べてみると、
小学生の90%以上
空間として覚えてません。

知識としては、
80%近くの選手が覚えてますけど。

私が調べた数千人の小学生は、
ルール上のストライクゾーンより、
「狭く覚えていること」がわかりました。

たとえば、外角低めは、
ベースの上にあり、膝の高さとは
答えることができます。

が、実際にバッターボックスに立って、
外角低めいっぱいにボールを置くと、
ボールに見えてしまうんです。

ちゃんとストライクゾーンは、
覚えた方がいいと思う方は、

選手にバッターボックスに立たせて、
ボールをストライクゾーンギリギリのとこに
手で持って選手に見せてあげてください。

見せたら、ベースを見ないで
ストライクかボールかを聞いてみてください。

これを行えば、ちゃんとストライクゾーンを
覚えているかわかりますから。

その他、選球眼を鍛える方法はコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

関連記事

  1. 科学的打撃指導法

  2. バットを振ったらフラフラする時の対処法

  3. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  4. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」

  5. 試合で上半身に力が入りすぎる時の対処法

  6. 幼少期の野球指導について

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る