menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

あなたの教え子さんやお子さんは、
ストライクゾーンをちゃんと覚えてますか?

「ちゃんと」とは、胸から膝までと
知識として覚えてることではなく、
空間として覚えていることです。

これ、調べてみると、
小学生の90%以上
空間として覚えてません。

知識としては、
80%近くの選手が覚えてますけど。

私が調べた数千人の小学生は、
ルール上のストライクゾーンより、
「狭く覚えていること」がわかりました。

たとえば、外角低めは、
ベースの上にあり、膝の高さとは
答えることができます。

が、実際にバッターボックスに立って、
外角低めいっぱいにボールを置くと、
ボールに見えてしまうんです。

ちゃんとストライクゾーンは、
覚えた方がいいと思う方は、

選手にバッターボックスに立たせて、
ボールをストライクゾーンギリギリのとこに
手で持って選手に見せてあげてください。

見せたら、ベースを見ないで
ストライクかボールかを聞いてみてください。

これを行えば、ちゃんとストライクゾーンを
覚えているかわかりますから。

その他、選球眼を鍛える方法はコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?

  2. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

  3. スイングスピードを最大にする「バットを握る最適な長さ」とは?

  4. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」

  5. バットを買うタイミングについて悩んでいます。

  6. 「手打ち」を改善するには・・

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る