menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

あなたの教え子さんやお子さんは、
ストライクゾーンをちゃんと覚えてますか?

「ちゃんと」とは、胸から膝までと
知識として覚えてることではなく、
空間として覚えていることです。

これ、調べてみると、
小学生の90%以上
空間として覚えてません。

知識としては、
80%近くの選手が覚えてますけど。

私が調べた数千人の小学生は、
ルール上のストライクゾーンより、
「狭く覚えていること」がわかりました。

たとえば、外角低めは、
ベースの上にあり、膝の高さとは
答えることができます。

が、実際にバッターボックスに立って、
外角低めいっぱいにボールを置くと、
ボールに見えてしまうんです。

ちゃんとストライクゾーンは、
覚えた方がいいと思う方は、

選手にバッターボックスに立たせて、
ボールをストライクゾーンギリギリのとこに
手で持って選手に見せてあげてください。

見せたら、ベースを見ないで
ストライクかボールかを聞いてみてください。

これを行えば、ちゃんとストライクゾーンを
覚えているかわかりますから。

その他、選球眼を鍛える方法はコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

関連記事

  1. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」

  2. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ

  3. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  5. スイングスピードを最大にする「バットを握る最適な長さ」とは?

  6. アウトコースが打てないときの対処法と考え方とは?

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る