menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?

こんにちは!


一気に寒くなってきましたねぇ。
体調、大丈夫ですか?


私、東北、北海道で瞬達塾や
チーム指導させて頂くことが多いんです。


過去にマイナス20度で、
しかも、外で指導させて頂いたことがあります。

きつかったぁ(^-^;


今日は、バットを握る長さを見つける
脳科学的方法を2回に分けて紹介しますね!


昨日、少年野球の指導者さんから

「バッティングでグラグラしちゃう選手がいるんですけど、
 どう指導したらいいですか?」

と質問を頂きました。


この質問の私の答えをシェアしますね!


%lastname%さんのお子さんは、
バット振ったあとフラフラしてませんか?


あれ、いろんな要素
(力み、フォームが体に合ってないなど)が原因になってます。


そのいろんな要素の中でひとつシェアしますね!


その要素とは、選手の筋力に合った
バットを握る長さではないことです。


「なぁんだ。短く持てという話ね!」


と思った方もみえると思いますが、
ただ短く持てばいいということではありません。


短く持ちすぎてもスイングバランスは崩れます。


バットの形状と選手の筋力とのバランスが取れる
握る長さというのがあるんです。


このバランスが取れる握る長さは、
脳にこういう機能があるんです。


%lastname%さんは、長い棒が床に置いてあって
持ち上げるとき、棒の真ん中辺りを持ちませんか?


これ、なぜ、真ん中辺りを持つかというと、
楽に持てるところだからです。


人間の脳は、「常に楽をしよう」
と考える特性があるんです。


この特性のため、楽に持てる
長い棒の真ん中辺りを持つんですよ。


一流選手は、こういう脳力も
ずば抜けて高いんです。


だから、バットなどの
道具を使う能力が高いとも言えますね。


この脳力を使って、次回は
具体的なバットの握る長さを
見つける方法を紹介しますね!


楽しみにしててください!


ヒットを量産するための
バット自体の選び方はコチラ

http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/

関連記事

  1. 落合流 バッティング理論

  2. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  3. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  4. リラックスしてプレーする簡単なコツ

  5. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

  6. 科学的打撃指導法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る