menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください


下記のような
ご質問・ご相談をいただきました。

————-
■ご質問内容
————-

今回、DVDを購入させていただきました。

早速、小5の息子と
一緒に観ながら練習を始めています。

息子の課題は、下半身強化と
ドアスイングの修正なのですが、

DVDで紹介されている練習が、
とても参考になっています。

もちろん、まだ始めたばかりなので
これからだとは思っていますが、

家での素振りや打席でのスイングを見ていて
とても気になるのが体の開きが早いように感じる事です。

軟式野球のスポ少に所属していますが、
団員がとても多く、なかなか個人的には
監督やコーチに指導してもらう事ができない現状です。

我が家は野球素人一家なので、
息子と一緒に野球のことを調べながら
自主練習を頑張っています。

よろしければ、体の開きに対する修正方法や
練習方法をアドバイスしていただきたいです。
よろしくお願いします。


————-
■回答
————-

まずはじめに、この度は弊社DVD教材を
ご購入いただき、誠にありがとうございます。

息子さんの野球上達の
お役に立てれば幸いに思います。


さて、本題の「体の開き」について
ここからは回答させていただきます。


体が開いてしまう代表的原因としては
下記の原因が考えられます。


それは、スイングをするときに
「腰を回し過ぎている」こと。


少年野球の指導では
よく「腰を回せ!」という教え方が使われます。


しかし、腰を回そうという意識が強いと
体は自然と開いてしまいます。


ですので、腰を回すという意識を
もし、息子さんがお持ちであれば
その意識をなくすことをおすすめします。


腰を回すという意識がなくても
正しくスイングをすれば腰は自然と必ず回ります。


自然に回るものを意識的に回そうとすることが
体の開きにつながってしまうわけですね。


また、スイングの中で一番力が入る位置は
へその前をバットが通過するときになりますので、

腰が回り、へそがピッチャーの方を向いている状態では
ストライクゾーンで一番力の入るスイングが
できなくなってしまいます。


これらの問題を解決するための
おすすめの練習方法を1つご紹介させていただきます。


「両振り」という練習方法になります。


その名の通り、右→左→右→左というように
連続で左右対称になるようにスイングする方法です。


この練習をしっかり行うことで
腰の開きを改善しつつ、ストライクゾーンで

一番力の入るスイングも身につけることにも
つながっていきます。


さらに詳しい情報やチェックポイントについては
下記よりご確認ください。

http://rs39.net/c/bb/cbnm_1/bl/


以上が回答となりますが、
その他ご不明な点やご質問がありましたら
お気軽にご連絡ください。


息子さんの野球上達を
陰ながら応援しております。

関連記事

  1. 「最強の野球瞬達法」

  2. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

  3. 4つのキャッチャーの自宅練習法

  4. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?

  5. バットを買うタイミングについて悩んでいます。

  6. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る