menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法

スイングに力強さがない子に対して
「もっとタメを作ろう」


スイング時にピッチャー側に体が
流れてしまう子に対して
「足で踏ん張ってカベを作ろう」


あなたは、このようなバッティング指導方法を
耳にしたことはありませんか?


もしかすると実際に同じようなことを
お子さんが教えられたことも
あるかもしれませんね。


プロ野球選手の
強打者のフォームを見ると

トップに入ったときには
股関節周りにシワが入って
「タメ」が作れている印象を受けます。


フォロースルーのときも
体が前方に流れているわけではなく、

踏ん張って「カベ」が
できているように見えますよね。


でも、先でお伝えしたような
曖昧で感覚的な指摘のみでは、

タメやカベを作れと言われても
子どもたちにとっては、

何をどうやればいいのかが
わからないケースがほとんどではないでしょうか。


もし、あなたが

・スイングに力強さを出させてあげたい

・体が突っ込む打ち方を改善してあげたい

このように思われているとしたら
下記動画の方法を試してみてください。


「タメ」と「カベ」がどういったことなのかが
お子さんの中で理解できると思います。

 


 

さらに詳しく解説している
バッティング向上トレーニング方法はコチラ↓

http://rs39.net/c/bb/cbmy_1/bl/

 

関連記事

  1. 科学的打撃指導法

  2. バッティングにおいて「合理的ではない3つの教え方」

  3. 【注意】腕を振れなくなってしまう「間違った7つの教え方」

  4. 川村卓(かわむらたかし)

    中学生時のトレーニング

  5. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

  6. 小学生の「タイミングのとり方」について

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る