menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法

スイングに力強さがない子に対して
「もっとタメを作ろう」


スイング時にピッチャー側に体が
流れてしまう子に対して
「足で踏ん張ってカベを作ろう」


あなたは、このようなバッティング指導方法を
耳にしたことはありませんか?


もしかすると実際に同じようなことを
お子さんが教えられたことも
あるかもしれませんね。


プロ野球選手の
強打者のフォームを見ると

トップに入ったときには
股関節周りにシワが入って
「タメ」が作れている印象を受けます。


フォロースルーのときも
体が前方に流れているわけではなく、

踏ん張って「カベ」が
できているように見えますよね。


でも、先でお伝えしたような
曖昧で感覚的な指摘のみでは、

タメやカベを作れと言われても
子どもたちにとっては、

何をどうやればいいのかが
わからないケースがほとんどではないでしょうか。


もし、あなたが

・スイングに力強さを出させてあげたい

・体が突っ込む打ち方を改善してあげたい

このように思われているとしたら
下記動画の方法を試してみてください。


「タメ」と「カベ」がどういったことなのかが
お子さんの中で理解できると思います。

 


 

さらに詳しく解説している
バッティング向上トレーニング方法はコチラ↓

http://rs39.net/c/bb/cbmy_1/bl/

 

関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    剛速球投手育成法

  2. スイングスピードを最大にする「バットを握る最適な長さ」とは?

  3. 野球の指導に用いられる言葉に定義はなく、とてもいい加減

  4. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ

  5. 現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」

  6. バットを買うタイミングについて悩んでいます。

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る