【少年野球】目線がズレないテイクバックの教え方とは?

——-
■質問
——-

私には中学3年、小学5年(女の子)とも野球をやっております。
5年生のほうは兄が野球をやっているので
1年生からスポ少に入っており、

新人戦以降はキャプテンを
務めさせていただいております。

5年生の女の子のほうですが、
バッティングはチームの中でも
鋭い当たりを打っていますが、

テイクバックしたときに左肩が上がってしまい、
目線もずれたりし指導者から注意を受けたりしています。(左打ち)

この癖を直すには
どういう練習方法がいいんでしょうか。
ご指導お願い致します。

——-
■回答
——-

まず、はじめにテイクバック時に
左肩が上がってしまうこと自体は、
一概に悪いとは言い切れませんが、

スイング中に目線がずれるということは
おそらくテイクバックしたときの左肩が、
「上がり過ぎている」のだと思います。

目安としては、テイクバックした際に
構えたときの状態よりも

頭がピッチャー側に
突っ込む傾向があれば、

左バッターであれば、
テイクバック時に左肩を
「上げ過ぎている」と判断して良いと思います。

肩が上がり過ぎて
頭がピッチャー側に
突っ込んだ状態でスイングを開始すると、

ほとんどの子ども達が
一旦ピッチャー側に動いた頭が

スイング開始時には
反対にキャッチャー側へ頭が動きます。

この頭の移動が
目線のズレにつながり、
空振りにもつながってしまうわけですね。

次に
改善方法についてですが、

根本的な原因である、
テイクバック時の「肩の上げ過ぎ」を直すには、

「グリップの握り方を変える」
という方法があります。

上側の手(左打ち=左手、右打ち=右手)を
内側(脇が開く方)に絞り込めば込むほど
テイクバック時に肩は上がりやすくなります。

逆に外側(脇が閉まる方)に絞り込めば込むほど
テイクバック時に肩は上がりづらくなります。

ですので、

「もう少しテイクバック時の肩の位置を低くしよう」

と、言葉で伝えても
なかなか直らない場合は、

グリップの握り方を変えて
スイングさせてみてはいかがでしょうか。

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧