menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

バットを買うタイミングについて悩んでいます。

——-
■質問
——-

うちの子は、四年生から始めて、75センチのバットを購入して使ってましたが、
軽いからと言われて、練習は友達のを使ってます。
バットが欲しいといって検討中なんですが、
6年の時(2018年)にボールとバットの使用基準?が変わるから、
焦らず買わない方がいいとお友達に言われて迷ってます。待った方がいいのでしょうか?

——-
■回答
——-

先日、大人用ですが、旧ボール対応のバットで新ボールを
打ってみましたが、旧ボール対応のバットだからといって
新ボールが打ちにくい、飛ばないというのは一切ありませんでしたので
それほど慎重に考えなくても大丈夫だと思います。
 

大人用であれば新ボールに対応した、
ビヨンドのギガキングというバットが販売済みですが、

調べてみると反発性能が
2.3%アップすると書かれていました。
 

単純計算でいくと、100メートル飛ばせる選手が
同じ当たりをしたら102メートルになる、

少年野球などで50メートル飛ばせる選手だと
同じ当たりをしたら51メートルになる、

ということになります。
 

おそらく少年野球ですと
1メートルほどの誤差の範囲になりますので
試合での結果がバットによって大きく変わるということは
考え難いのではないかと思います。
 

何より、一番大切なことはお子さんにとって、
「使うバットが振りやすいと感じるものであること」だと思いますので、

今、お使いのバットが軽い、振りにくいと感じているのであれば
できるだけ早くバットを変更する方が賢明ではないかと思います。

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 【脱力のコツ】

  2. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…

  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?

  4. 科学的打撃指導法

  5. 練習時のティーバッティングの注意点とは?

  6. スイングスピードを最大にする「バットを握る最適な長さ」とは?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る