menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

バッティングのスイング軌道について
下記のような質問をいただきました。


————-
■ご質問内容
————-

>>小学校3年生になる息子が野球を始めた(ソフトボールですが)のですが、
>>自分が中学生の時に部活で経験したのみで、きちんとした教え方が分からず、
>>指導方法について勉強しているのですが、
>>自分の教え方が良くないのか息子には難しいようです。
>>軸足の重要性は理解してくれたようですが、
>>バットの軌道がよく理解できていないようです。
>>今後どのように伝えていこうか悩んでいるのが現状です。


そのお気持ち、よくわかります。


私も前職で小学生を教えていたときに
言葉と動作を使って子どもたちに教えても
本人たちが理解できていないことがよくありました。


そのようなときは、お子さん本人に
「体で覚えてもらうこと」が一番効果的だと思います。


今回のお問い合わせ内容では、
バットの軌道(レベルスイング)が

よく理解できていないということですので、
その練習方法についてご紹介させていただきます。


まず、布製のヒモをご用意していただき、
そのヒモをお子さんの腰の高さに合わせて、

柱などにピンと張った状態で
固定をしてあげてください。


そして、そのヒモの上部に
バットを這わせながらスイングをするという練習方法です。


このようにスイング練習させることによって
自然とレベルスイングの軌道が身に付き、

お子さん本人の中でも、
「これが正しいバットの軌道なんだ」と理解しやすくなると思います。


以上が回答となりますが、
体重移動や下半身の使い方など、

もし、他にも気になる部分がございましたら、
下記のページもご参考にしてみてください。

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

関連記事

  1. 幼少期の野球指導について

  2. 4つのキャッチャーの自宅練習法

  3. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  4. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由

  5. 科学的打撃指導法

  6. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る