menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
  4. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  6. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  7. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  8. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  9. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  10. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

プロ野球選手のバッティングの構えを見ていると
どっしりと安定しながらもリラックスしている印象を受けます。


構えを見るだけで
「おっ、打ちそうだな」と思いますよね。


でも、趣味でやっている草野球レベルや
野球の経験値が少ない少年野球などでは、

反対に、構えを見るだけで
「全然打ちそうにないな」という印象を受けることもあります。


この「打ちそう」「打ちそうにない」は
一体、なにで決まるのでしょうか?


それは、


「パワーポジション」という姿勢が
とれているか、いないか、の差なんです。


先週の野球教室で
長田コーチが

この「パワーポジション」がとれているかどうかを
確認できる方法も紹介していましたので、
そのチェック方法をシェアしますね。


まず、壁の前に正対して立ちます。

つま先を壁につけ、
両手をまっすぐ上にあげます。

その姿勢をキープしたまま
スクワットをする要領でお尻を下げていきます。

お尻の位置が膝の高さまで
下がったら、立ちあがります。


この動作を10回ほどできれば、
「パワーポジション」がとれている証拠です。


逆に、


・膝の高さまでお尻を下げられない

・膝が壁に当たる

・後ろに倒れてしまう


このようになってしまう場合は、
そもそもの普段の姿勢や骨盤、股関節の動かし方に
問題がある可能性が高いので、

体が比較的まだ柔らかくなりやすい
小・中学生の時期に専用のトレーニングやストレッチに
取り組むことをオススメします。

⇒ http://www.mlritz.com/link/113/1/126/23/

 

関連記事

  1. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  2. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  3. 落合流 バッティング理論

  4. 練習の工夫と努力で周りと差がつけられる

  5. 試合で上半身に力が入りすぎる時の対処法

  6. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. ■ご質問内容 ピッチング指導で聞きたいのですが、 小学3年生 投球時にボー…
  2. 緩急への対応について 下記のような質問をいただきました。 -----…
  3. 低学年の教え方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…

おすすめ記事

  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
ページ上部へ戻る