menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  4. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
  5. 【質問】硬式のクラブチームに行くか、軟式の部活で野球をやるか悩んでいま…
  6. 【脱力のコツ】
  7. 説得力のある、超一流選手のバッティング指導センスをあなたも手に入れませ…
  8. 理想の打撃フォームを身に付けてヒットを量産する方法
  9. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  10. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

プロ野球選手のバッティングの構えを見ていると
どっしりと安定しながらもリラックスしている印象を受けます。


構えを見るだけで
「おっ、打ちそうだな」と思いますよね。


でも、趣味でやっている草野球レベルや
野球の経験値が少ない少年野球などでは、

反対に、構えを見るだけで
「全然打ちそうにないな」という印象を受けることもあります。


この「打ちそう」「打ちそうにない」は
一体、なにで決まるのでしょうか?


それは、


「パワーポジション」という姿勢が
とれているか、いないか、の差なんです。


先週の野球教室で
長田コーチが

この「パワーポジション」がとれているかどうかを
確認できる方法も紹介していましたので、
そのチェック方法をシェアしますね。


まず、壁の前に正対して立ちます。

つま先を壁につけ、
両手をまっすぐ上にあげます。

その姿勢をキープしたまま
スクワットをする要領でお尻を下げていきます。

お尻の位置が膝の高さまで
下がったら、立ちあがります。


この動作を10回ほどできれば、
「パワーポジション」がとれている証拠です。


逆に、


・膝の高さまでお尻を下げられない

・膝が壁に当たる

・後ろに倒れてしまう


このようになってしまう場合は、
そもそもの普段の姿勢や骨盤、股関節の動かし方に
問題がある可能性が高いので、

体が比較的まだ柔らかくなりやすい
小・中学生の時期に専用のトレーニングやストレッチに
取り組むことをオススメします。

⇒ http://rs39.net/c/tr/ctsk_1/bl/

 

関連記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】

  2. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  3. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法

  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  5. 指先など血豆が出来やすい部分の強化とは?

  6. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…
  2. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 下記のような…
  3. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…

おすすめ記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
ページ上部へ戻る