menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
  4. 落合流 バッティング理論
  5. 画期的な練習法
  6. いまどきの野球少年に適した指導法
  7. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。
  8. 自分の動きを見直し無駄をなくす
  9. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する
  10. 力のロスと動きの制限について
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

落合流 バッティング理論

【質問】
 
バッティングについてです。
 
私はインコースは打つのは得意なんですがアウトコースを打つのがとても苦手です。
 
そこでアウトコースを右中間やセンター前に打ち返すコツなどがありましたら教えてください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 落合流 バッティング理論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私自身投手出身ですので、参考意見としてご一考ください。
 
”センター返しはなぜ大切か”と考えたとき、元中日の落合監督の言葉がひとつの答えになると私は考えています。
 
ノックを打ち方を思い出してみてください。
 
サードに打つ時はサードの方向を向いて打ち、ファーストに打つ時はファーストの方向に向いて打ちますね。
 
ノックを打つ時は、打ちたい方向に対して両肩が真っすぐに向くように打つのが自然な形です。
 
バッティングも同じでボールが来る方向に対して、両肩を真っすぐに向けて打つのが自然で理にかなっているというものです。
 
この考え方で、一度トスバッティングやバッティング練習に取り組まれてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 2ストライク0ボールという状況

  2. イメージや動作を言葉で伝えるときに気をつけること

  3. バットを振ったらフラフラする時の対処法

  4. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  5. 試合で上半身に力が入りすぎる時の対処法

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 以前、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】…
  2. 今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。…
  3. 今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。癖が付かなく、肘が下がらな…

おすすめ記事

  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
ページ上部へ戻る