menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

バットを振ったらフラフラする時の対処法

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

今下半身強化の事で悩んでいます。

 

バットを振った後フラフラしてしまいます。

 

フラフラしないように鍛えたら良い下半身の筋肉、またその筋肉の鍛え方を教えてください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「内側への力」がキーワード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フラフラしないようにするには、「内側への力」がキーワードになってきます。

 

具体的に言うと太ももの内側と両足の親指を鍛えるんです。

 

鍛え方は色々とありますが、今日は一つご紹介します。

 

まずは、仰向けに寝転んで足を30度くらいの高さにあげます。

 

そして足をあげたまま開いて閉じて開いて閉じてを繰り返します。

 

その時にふとももの内側を意識します。

 

腹筋も鍛えられるし一石二兆。

 

あと、これはいつも言うんですがその筋肉を意識して日常の生活をすることが重要。

 

太ももの内側を意識して親指に力を入れながら歩いたり。

 

立ち話をする時でも少しかかとを浮かせて足の親指に力を入れて踏ん張ったりする。

 

これだけで他とは歴然とした差が出てきます。

 

地味で誰にも分からない練習なんですけどこれをやってる人とやってない人とでは大きく違います。

 

常に鍛えたいところの筋肉を意識しておくことこれが重要です。

 

【小学生編】川村卓のプロ野球選手になるために
小学生のうちにやっておくべき練習

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

 

【中学生編】川村卓のプロ野球選手になるために
中学生のうちにやっておくべき練習

http://rs39.net/c/bb/cbkm_2/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  2. 【バッティングで体の開きを直す方法】

  3. 2ストライク0ボールという状況

  4. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ

  5. バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?

  6. リラックスしてプレーする簡単なコツ

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る