menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

バットを振ったらフラフラする時の対処法

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

今下半身強化の事で悩んでいます。

 

バットを振った後フラフラしてしまいます。

 

フラフラしないように鍛えたら良い下半身の筋肉、またその筋肉の鍛え方を教えてください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「内側への力」がキーワード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フラフラしないようにするには、「内側への力」がキーワードになってきます。

 

具体的に言うと太ももの内側と両足の親指を鍛えるんです。

 

鍛え方は色々とありますが、今日は一つご紹介します。

 

まずは、仰向けに寝転んで足を30度くらいの高さにあげます。

 

そして足をあげたまま開いて閉じて開いて閉じてを繰り返します。

 

その時にふとももの内側を意識します。

 

腹筋も鍛えられるし一石二兆。

 

あと、これはいつも言うんですがその筋肉を意識して日常の生活をすることが重要。

 

太ももの内側を意識して親指に力を入れながら歩いたり。

 

立ち話をする時でも少しかかとを浮かせて足の親指に力を入れて踏ん張ったりする。

 

これだけで他とは歴然とした差が出てきます。

 

地味で誰にも分からない練習なんですけどこれをやってる人とやってない人とでは大きく違います。

 

常に鍛えたいところの筋肉を意識しておくことこれが重要です。

 

【小学生編】川村卓のプロ野球選手になるために
小学生のうちにやっておくべき練習

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

 

【中学生編】川村卓のプロ野球選手になるために
中学生のうちにやっておくべき練習

http://rs39.net/c/bb/cbkm_2/bl/

関連記事

  1. イメージや動作を言葉で伝えるときに気をつけること

  2. リラックスしてプレーする簡単なコツ

  3. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください…

  4. 現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」

  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

  6. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る