【少年野球】打つ時に肩が下がってしまう場合の対処法

みなさんはバッティングの時に、肩が下がっていると指摘されたことがありますか?
調子の悪い時などは特に、いつもより肩が下がっていることで、思ったように打てないことがあります。

肩が下がらないように意識しても、スイングの瞬間になったら、意識とは反して肩が下がってしまい、なかなか修正が難しいかと思います。

今回は、肩が下がることによって生じる問題点と、その対処法をお話します。

また、今回は右バッターを基準としてお話しますので、左バッターの場合は左右を逆にして読んでください。

肩が下がってしまうと何が悪いのか?

何故肩が下がると悪いのかについて説明します。

結論からいうと、肩が下がることが最大の問題ということではありません。

問題は、スイングの始動時に右肩が下がることによって、左の脇が開いてしまうことです。

左の脇が開いてしまっては、力強いスイングはできません。

スイングは肘が曲がった状態から、腕が伸びた瞬間で打つと一番力が伝わります。

それが、脇が開いていることによって、腕が伸びきる瞬間がなく、バットにボールが当たっても、力が伝わらずに弱い打球になってしまいます。

右肩が下がった状態で、左脇を開かないようにスイングするのはかなり窮屈で、試してみたらわかると思いますが、ほとんどスイングになりません。

ほかにもヘッドが下がってしまう、スイング時に体が浮いてしまうことなども悪い要因になります。

なので、肩が下がることが悪いということではなく、肩が下がることによって生じる様々なデメリットがある為、肩が下がってはダメだということを、まずは理解してください。

肩が下がってしまってる時の対処法

次に肩が下がっている時の対処法です。

監督やコーチに、肩が下がっているぞ!と指摘されたらどうしますか?

肩が下がらないように意識して、スイングをすると思います。

それで修正できるなら、それが一番手っ取り早いし一番いいでしょう。

しかし、悪いフォームや癖などは、中々意識しても直らないものですよね。

肩が下がらないように意識をしていても、動画を見たら、まだ下がっているということが多々あると思います。

そこで今回紹介したいのは、少し視点を変えてみることです。

どう視点を変えるかというと、先ほど肩が下がることの最大の問題は、肩が下がることよりも、左脇が開くことだと説明しました。

それなら、左脇が開かないように、意識してスイングしてみてください。

また、ヘッドが下がる、体が浮いてしまうといった問題点も存在するので、どれかを意識してスイングしてみてください。

野球がうまい下手関係なく、人それぞれ感覚が違います。

右肩の下がりを意識して、スイングが良くなる人もいれば、左脇を意識した方が、スイングが良くなる人もいます。

ヘッドの下がりを意識することがいい人もいれば、ほかの所を意識することで、スイングがよくなる人もいます。

私が言いたいのは、肩が下がっていることを修正するのに、修正方法は肩を意識するだけではないということです。

右肩を意識しても全然修正できなかった人も、左脇の開きを意識することによって、右肩が下がらなくなる人もいます。

これは、ほかのプレーにも共通しますが、自分に合っていない修正方法をいくら行っても、時間がかかるだけです。

指摘されたことを、そのまま直そうとするのではなくて、何故こうなったら悪いのかということを考えて、修正方法を考えましょう。

悪い点をしっかり理解することによって、修正への道も近くなります。

まとめ

今回紹介しましたが、小学生一人でこれを行うのは、少しレベルの高い要求かもしれません。

指導者や、お父さんお母さんの手助けが必要だと考えます。

一つの視点から見るのではなく、子供と一緒に考えて、多くの視点から見るようにしてみてください。

その中に、自分に合う練習方法があるはずですし、一つの視点から修正するよりも、ずっと効果が高まります。

子供と一緒に考えるというところが大事なので、一緒に考えてあげてください。

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

関連記事一覧