野球用語「第3アウトの置き換え」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「第3アウトの置き換え」とは?

第3アウトの置き換えとは、野球におけるルールのひとつで「1イニングで3個目のアウトが成立した後で、アピールプレイによって4つ目のアウトが成立し場合に、3つ目までのアウトが成立したプレイが取り消されて、4つ目のアウトが3つ目のアウトに置き換えられる」という意味です。1イニングで4つ目のアウトであることから通称「第4アウト」とよばれ、英語では、「fourth out」と書きます。

第3アウトの置き換えは、守備側のアピールプレイにより、審判がアピールの内容を認めてアウトを宣告する、という流れで発生します。

では、なぜ守備側のチームは3つ目のアウトが成立しているのに、4つ目のアウトを求めるのでしょうか?それは「得点されることを防ぐため」です。

「第3アウトの置き換え」はなぜ必要なのか?

たとえば、以下のようなケースで第3アウトの置き換えが発生します。

●ワンアウト満塁
●打者がセンターフライに倒れた…第2アウト
●三塁走者がタッチアップ…攻撃チームに1点が入る
●その後、二塁走者がタッチアップを試みるがタッチアウト…第3アウト
●守備側のチームが、三塁走者の離塁が早かったとアピールプレイ
●審判がアピールプレイを支持し、三塁走者がアウト…第4アウト
●第4アウトを第3アウトに置き換えすることで、1点が無効になる。

このケースのように第4アウトを第3アウトに置き換えることで得点を無効にできる場合に、守備側のチームはアピールプレイを行って、第3アウトの置き換えを狙うわけです。

「第3アウトの置き換え」の使い方・例文

第3アウトの置き換えの例文・用例を紹介します。

〇第3アウトの置き換えでサヨナラ負けのピンチを脱した
〇野手全員がベンチに戻ってしまって第3アウトの置き換えできず

「第3アウトの置き換え」の具体的な使われ方は?

「第3アウトの置き換え」の類義語

第3アウトの置き換えの類義語は、「第4アウト」「fourth out」です。

「第3アウトの置き換え」に関する練習法

第3アウトの置き換えは時々しか起こらないプレーですが、時々しか起こらないからこそ、ルールを学んでおく必要があります。そして第3アウトの置き換え以外にも、試合でよく起こるルールを解説します。

「第3アウトの置き換え」まとめ

第3アウトの置き換えの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「第3アウトの置き換え」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧