野球用語「おっつける」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「おっつける」とは?

おっつけるとは、野球における打ち方のひとつで「ボールのコース、スピードに逆らわずに打つ」という意味です。

「おっつける」の意味を解釈するには、語源・由来になっている“相撲”のおっつけについて知っておくと役立ちます。

相撲における「おっつけ」とは、相手の差し手を封じるテクニックのこと。差し手とは、相手の脇に手を差し込む相撲のテクニックで、差し手ができると相手を不利な体勢にすることができて、試合を優位にすすめることができます。その差し手を封じるテクニックがおっつけです。

相撲の「おっつけ」のやり方は、漢字で「押っ付ける」と書くように、自分の脇をしめて相手の差し手を自分の脇と肘ではさみこみ、相手のひじをぐぐぐーっと押し上げてく感じ。おっつけると、相手は身動きが取れず、ひじも痛いので仕掛けた差し手を抜きたくなるそうですが、、、

この相撲のおっつけのように、バットとボールを密着させて、ぐぅぅぅっとボールを押し出すように打つのが野球のおっつける打ち方。

「おっつける」は、「流し打ち(右打者はライト方向、左打者はレフト方向に打つこと)」と同じ意味で使われることがありますが、「おっつける」は「ボールにバットをピタリと当てて、押し出すように打つこと」で、「流し打ち」は「意識的にその方向を狙って打つこと」、という違いがあります。

「おっつける」の表現は感覚的なので、おっつける打ち方がイメージしにくい場合、相撲のおっつけを見るといいかもしれません。

「おっつける」の使い方・例文

おっつけるの例文・用例を紹介します。

〇彼はおっつけて打つのが得意だ
〇右方向におっつけて打つ

「おっつける」の具体的な使われ方は?

「おっつける」の類義語

おっつけるの類義語はありません。

「おっつける」に関する練習法

おっつけて打つ前に、まず基本のセンター返しを身に付けておく必要がありますが、センター返しのやり方を間違えてしまうと、自分の思った方向へ打球を飛ばせなくなります。そして、ほとんどのバッターが、センター返しの打ち方を間違えているという事実をご存じでしたか?

「おっつける」まとめ

おっつけるの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「おっつける」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

 

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

関連記事一覧