野球用語「ボーンヘッド」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ボーンヘッド」とは?

ボーンヘッドとは、野球におけるプレーのひとつで「判断の悪い間抜けなプレー」という意味です。英語では、「bonehead」と書きます。

ボーンヘッドは、「骨」を意味する「ボーン(bone)」と、「頭」を意味する「ヘッド(head)」が組み合わさってできた言葉。骨、、、頭、、、つまり、頭蓋骨。頭蓋骨は脳みそがない→脳がない→間抜けなプレーというわけです。

野球におけるボーンヘッドは、単なるエラーやミスのことではなく、判断力や集中力に欠けたプレーによるエラー、ミスを指します。たとえば、4-6-3のダブルプレーでゲッツーを余裕で取れるにも関わらず、アウトカウントを勘違いして、ファーストに投げてしまうようなプレーです。

他には、プロ野球でたまに見かけるのは、外野手のアウトカウントの勘違い。外野フライをキャッチした外野手がスリーアウトだと勘違いしてスタンドのファンにボールを投げ込む。しかし、まだスリーアウトではないため、塁上の走者が進塁。そんな“まずいプレー”や“ポンコツプレー”のことをボーンヘッドとよびます。

もし、監督やコーチから「ボーンヘッドを減らせ」と言われたなら、「間抜けなプレーを減らせ」と言われている、と解釈して問題ありません。技術的な対策よりも、まずは試合に集中して状況を把握することから始めましょう。

「ボーンヘッド」の使い方・例文

ボーンヘッドの例文・用例を紹介します。

〇走塁でボーンヘッドを犯す
〇ピンチの場面でボーンヘッドをやらかす

「ボーンヘッド」の具体的な使われ方は?

「ボーンヘッド」の類義語

ボーンヘッドの類義語は、「間抜け」「へま」「とんちんかん」「とんま」「要領が悪い」「あんぽんたん」「気が抜けている」「散漫」「不用意」「うっかり」「注意が足りない」「注意の行き届かない」「不注意」「うかうか」「至らない(ところがある)」「不覚」「片手落ち」です。

「ボーンヘッド」に関する練習法

ボーンヘッドの多くは守備で起こります。そして、集中力の欠如によってボーンヘッドは引き起こされますが、ボーンヘッドを回避する方法のひとつが“構え”ではないでしょうか?漫然と構えるのではなくて、“意識的”に構える。これにより集中のスイッチをONにしてボーンヘッドをなくすことができます。

「ボーンヘッド」まとめ

ボーンヘッドの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ボーンヘッド」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧