野球用語「サークルチェンジ」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「サークルチェンジ」の意味&使い方を解説。さらに、サークルチェンジに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「サークルチェンジ」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「サークルチェンジ」とは?

サークルチェンジとは、野球における変化球のひとつで「シュート回転しながら沈む球種」という意味です。英語では、「circle change」と書きます。

サークルチェンジは、人差し指と親指でサークル(輪)を作り、中指・小指・手のひらでボールを握って投げる変化球。握り方がOKのジェスチャーと似ていることから「OKボール」とよばれることもあります。

サークルチェンジの変化の仕方は、(個人差はありますが)シュート回転で利き手の方向へ曲がりながら落ちます。球速は遅いのに、腕の振りはストレートに近いことから、投手にとって打者のタイミングを外せる武器になる変化球です。

チェンジアップとサークルチェンジの違いは、サークルチェンジはチェンジアップの一種であるということです。チェンジアップは、ストレートと同じ腕の振りで球速が遅い球種。サークルチェンジは、チェンジアップにややシュート変化がある球種です。

「サークルチェンジ」の投げ方は?

OKのジェスチャーのように、親指と人差し指で作った輪を作り、ボールの側面を支えます。中指から小指の付け根、手のひらでもボールを支えます。

リリースする際は、ボールの内側からボールを転がすように抜いていく感覚。腕の振りはストレートに近くなるよう心がけましょう。

「サークルチェンジ」の使い方・例文

サークルチェンジの例文・用例を紹介します。

〇サークルチェンジで打者を翻弄
〇ブレーキの利いたサークルチェンジで打者のタイミングを狂わせる

「サークルチェンジ」の具体的な使われ方は?

「サークルチェンジ」の類義語

サークルチェンジの類義語は、「チェンジアップ」です。

「サークルチェンジ」に関する練習法

ご紹介する上達法は、しなやかな筋肉をつくる腕~リストのトレーニング。サークルチェンジを含めて変化球をケガ無く投げていくには、腕~リストの強化は必須。このトレーニンググッズは自宅でも簡単に安く作れます!

「サークルチェンジ」まとめ

サークルチェンジの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「サークルチェンジ」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧