どんな選手が評価されるべきなのか??

人の価値観によってチームは変わる!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

世の中には、いろいろなスポーツチームや団体が存在します。

そこに関わる指導者や大人たちが、どんな価値観で運営しているかによって様々なですよね。

ボクは、それがあるべき姿だと思いますし、だから面白いんだとも思います。

あとは、自分の価値観に合わせて、チーム選びをしていけばいいわけですから。

再三このブログで書いていますが、ジュニアスポーツであれば保護者の価値観が重要になりますよね。

子どもに選択肢を与えるのって、なんだかんだ言って親の価値観です。

情報開示しているチームを選べ

で、そのチームがそれぞれ違えば、そのチームの評価基準も違いますよね。

何が良しとされて、何が悪しとされるのか??

例えば・・・

  • 足を絡めた攻撃をするチームでは、走力が重点評価されます。
  • 長打を絡めた攻撃をするチームでは、長打力が重点評価されます。
  • パワーを重視するチームでは、身体の大きさや体重を重点評価します。
  • 投手の球速を重視するチームでは、スピードを重点評価します。

こんなのって、よくある話です。

ですから、そもそもここに当てはまらない選手がそのチームに入ると、悲劇ですよね。

だって、当分評価されることはないんですからね。

もちろん、それをわかっていて覚悟して入団するのなら、話は別です。

でも、そういう情報を開示しているチームって、少ないんですよね。

ホームページには、キレイごとやいいことばかり書いてある。

説明会でもそんな話はなくて、フタをあけてみたら暗黙ルールみたいなものがたくさんあるみたいな(笑)

実質は、かなり偏った運営がされていたりするわけですよ。

「こんなはずじゃなかった」って、最悪なパターンになりますよね。

ものすごい当たり前のこと!?

チーム内で、どんな選手が評価されるべきなのか??

ボクの考えはシンプルです。

『野球が大好きで、ちゃんと練習する選手』

ものすごい当たり前のことだと、おもうんですけどね。

でも、結局・・・

世の中の多くのチームでは、

  • ウマさ
  • 速さ
  • 強さ
  • 大きさ

で、選ばれれるんですよ。

本当に、指導者のくだらない小さな価値観なんですけどね(笑)

そうならないためにも、チームの仕組みづくりが重要ですよね。

『野球が大好きで、ちゃんと練習する選手』が、報われる仕組みづくりね。

こういう選手が成長して、活躍できる仕組みにしたいわけですよ。

指導者がこういう選手を大事にして、守っていくべきだと思います。

ボクの座間ひまわり野球俱楽部では、はっきりと明示しています。

「ひまわり憲章」と呼んでいて、入団する選手・保護者に同意を求めています。

ひまわり憲章・倶楽部規約

ぜひ座間ひまわり野球俱楽部にお任せください(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

関連記事一覧