【少年野球審判講座】2021年ルール改正解説!

2021年ルール改正は12項目!

皆さんこんにちは、お父さんのための野球教室の長田です。

今回は、2021年に改正されたルールを元NPB審判の山崎夏生さんに解説して頂きます。

改正された項目は12あるんですが、アマチュア野球に関係する項目に絞りました。

「提訴試合」等の項目がありましたが、プロの世界でしか起こっていませんので割愛します。

少年野球に関係が深い項目は?

今回の改正で特に少年野球で起こりえるケースは大きく4つ。

1.投手は投球に際して、どちらの足も本塁の方向に2度目のステップを踏むことは許されない。

2.チップしたボールが、最初に捕手の身体または用具に触れて、はね返ったものを捕手が地上に落ちる前に捕球した場合、ストライクであり、第3ストライクにあたるときには、打者はアウトである。

3.ワンポイントリリーフの禁止(日本では2021年は適用見送り)

4.走者がファウルボールに対する守備を妨害したとして、アウトを宣告され、これが第3アウトにあたる場合、打者走者は打撃を完了したものとみなされ、次のイニングの第1打者は次打者となる。

以上の4つです。

文字では分かり難いので動画にしました!

ルールブックを読んでもなかなか理解しずらいですよね?

そんな方のために、元NPB審判の山崎さんが動画で解説をして頂きました。

動画はこちらから↓

お父さんのための野球教室初月無料キャンペーン

関連記事一覧