【少年野球】審判あるあるルール「タイムプレー」

「タイムプレー」とは?

お父さんのための野球教室の長田です。

今回は、野球の試合で起こる、あるあるルールのご紹介です。

最後に元NPB審判の山崎夏生さんの解説動画がありますので、ご覧ください。

さて、試合でよく起こるルールなんですが、「タイムプレー」をご存知でしょうか?

審判をされている方なら、もちろんご存じだと思いますが、子供たちや、野球経験のない保護者の方には「初めて聞いた!」という方もいらっしゃると思います。

「タイムプレー」とは、得点に絡むプレーのことです。

第3アウトよりも本塁に到達した走者が早かったか、遅かったかかというケースです。

スリーアウトよりもホームインが早いかどうか

例えば、2アウト1塁2塁で、打者が左中間にヒット。

2塁ランナーがホームへ、1塁ランナーは3塁を狙ったケースで、外野手がホームに投げずに3塁へ向かう走者をアウトにするため3塁に送球。

3塁に送球されて、2塁を狙っていた走者がアウトになり3アウトチェンジ。

この場合、走者がアウトになる以前(3アウトまでに)にホームインしていればもちろん得点です。

3アウトよりもホームインが遅ければ得点は認められません。

3アウトと同時は得点?

では、この場合はどうでしょうか?

3塁を狙った走者がアウトになるのと、ホームインが同時だった場合です。

同時は得点?得点じゃない?

どちらでしょうか?

答えは、同時は「ノースコア」無得点です!

「アウトになる以前に」という記述がルールブックにありますので、同時は無得点になります。

動画でチェックしましょう!

試合でよく起こる「タイムプレー」を元NPB審判の山崎夏生さんが解説している動画です。

その審判をするときの注意点や、コール・ジェスチャーまで実演していただいていますので、確認しておきましょう!

動画はこちら↓

 

 

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧