menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

今日は、ライバルと同じ練習しても
上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!


同じ練習していても
ライバルと差をつけるには、

脳へ「インプットする情報量」
を増やすことが大切です。


なぜなら、脳へインプットする情報量が
多ければ多いほど上達スピードが速くなるからです。


では、そのために
具体的に何をすればいいのか?


それは、


「自分の動きに注意を向ける」


これです。


注意を向けるとは、
どういうことかというと、


「どう動いてるかな?」


と思いながらプレーすることです。


無意識にできてしまう動きって、無意識なので
脳へインプットする情報量は少ないんです。


意識を向けることで
脳への情報量はグーンと増える。


だから、瞬達するってこと(^-^)


「どう動いてるかな?」


とライバルに差をつけるために
意識を向けながら練習してみてください。

体の正しい動き作りについてはコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/

関連記事

  1. 優勝がかかった試合の前に監督から頂いた言葉

  2. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…

  3. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。

  4. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  5. もっとも多い質問です。”硬式か軟式か”

  6. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る