menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

今日は、ライバルと同じ練習しても
上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!


同じ練習していても
ライバルと差をつけるには、

脳へ「インプットする情報量」
を増やすことが大切です。


なぜなら、脳へインプットする情報量が
多ければ多いほど上達スピードが速くなるからです。


では、そのために
具体的に何をすればいいのか?


それは、


「自分の動きに注意を向ける」


これです。


注意を向けるとは、
どういうことかというと、


「どう動いてるかな?」


と思いながらプレーすることです。


無意識にできてしまう動きって、無意識なので
脳へインプットする情報量は少ないんです。


意識を向けることで
脳への情報量はグーンと増える。


だから、瞬達するってこと(^-^)


「どう動いてるかな?」


とライバルに差をつけるために
意識を向けながら練習してみてください。

体の正しい動き作りについてはコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 子どもたち個々の将来の人生を見据えた厳しさとは?

  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法

  4. 優勝がかかった試合の前に監督から頂いた言葉

  5. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

  6. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る