menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  4. スピードが先か?コントロールが先か?
  5. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  6. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
  7. 「体重移動」を効率的に体得する方法
  8. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  9. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  10. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

今日は、ライバルと同じ練習しても
上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!


同じ練習していても
ライバルと差をつけるには、

脳へ「インプットする情報量」
を増やすことが大切です。


なぜなら、脳へインプットする情報量が
多ければ多いほど上達スピードが速くなるからです。


では、そのために
具体的に何をすればいいのか?


それは、


「自分の動きに注意を向ける」


これです。


注意を向けるとは、
どういうことかというと、


「どう動いてるかな?」


と思いながらプレーすることです。


無意識にできてしまう動きって、無意識なので
脳へインプットする情報量は少ないんです。


意識を向けることで
脳への情報量はグーンと増える。


だから、瞬達するってこと(^-^)


「どう動いてるかな?」


とライバルに差をつけるために
意識を向けながら練習してみてください。

体の正しい動き作りについてはコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/

関連記事

  1. プラスアルファの独創性

  2. 【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて

  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

  4. 打者が打っても安打出来ないボール

  5. 子どもたち個々の将来の人生を見据えた厳しさとは?

  6. 「最強の野球瞬達法」

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村「コントロールが良くないのは息子のキャッチボー…
  2. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
ページ上部へ戻る