野球用語「テキサスヒット」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「テキサスヒット」の意味&使い方を解説。さらに、テキサスヒットに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「テキサスヒット」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「テキサスヒット」とは?

テキサスヒットとは、「フラフラと上空に打ちあがった打球が内野手の頭を越えて、外野手との間に落ちるヒット」のことです。ポテンヒットとも言われます。

テキサスヒットは略語で、正式な英語は、「テキサスリーガーズヒット(Texas Leagure’s hit)」とよばれています。

もし守備についている時、監督やコーチから「テキサスヒットに気をつけろ!」と言われたら、「内野手と外野手の間にポテンと落ちる打球に気をつけろ!」と指示されていると解釈して問題ありません。

「テキサスヒット」の語源は?

なぜテキサスヒットとよばれるのか?諸説ありますが、一般的によく言われるのが「テキサス・リーグ」です。

テキサス・リーグとは、米国のマイナーリーグのひとつ。日本でいえば三軍のような位置づけです。そのテキサス・リーグに所属する選手にはパワーが少ない選手が多く、フラフラっと上がる打球が多いことから、「テキサス・リーグの選手でよく見られるヒット」→「テキサスヒット」とよばれるようになったのではないか、ということです。

「テキサスヒット」の使い方・例文

テキサスヒットの例文・用例を紹介します。

〇最近はテキサスヒットではなく、ポテンヒットって言うよな。
〇テキサスヒットは、バットを思い切り振った証拠だ!

「テキサスヒット」の具体的な使われ方は?

「テキサスヒット」の類義語

テキサスヒットの類義語は、「ポテンヒット」です。

「テキサスヒット」に関する練習法

ご紹介する上達法は、元阪神タイガース、近鉄バファローズで、大阪桐蔭高等学校の歴史の1ページ目を作った伝説のスラッガー・萩原誠さんが教えてくれるバッティング練習法。遠くに飛ばすためのスタンス(構え方)を解説。

内野フライがテキサスヒットになり、テキサスヒットを外野の頭を超える長打に変えるノウハウです。

「テキサスヒット」まとめ

テキサスヒットの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「テキサスヒット」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

 

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

関連記事一覧