【少年野球】練習効率をグンッとアップさせる方法!

こんにちは!

野球ソフト瞬達塾代表の川端健太です!

今日は、「~しなければならない」を「~したい!」に変える方法を紹介します!

練習効率を高めたい方は最後までお読みください。

野球ではなく、ビジネスでは「~しなければならない」で仕事するのと「~したい!」で仕事するのでは「~したい!」のが生産性が倍高くなるそうです。

野球でも、数字はあるかわかりませんが、「~したい!」のが確実に練習効率が高くなるのはイメージできますよね?

では、具体的に「~したい!」で野球するために何をすればいいかを紹介します。

2つの方法

今回は、二つの方法を紹介しますね!

ひとつは、『高い目標設定をする』

もうひとつは、『心の呪縛を解いてプレーする』

この二つです。

まず、ひとつ目の『高い目標設定をする』から簡単に説明します。

このポイントは、

『自分で決めた目標であること』

『本当に達成したいこと』

これが大きなポイントです。

チームの目標は「甲子園出場」と決めてるチームが多いですが、

個人の目標を設定してるチームは多くないと感じてます。

チームの目標が個人の目標と完全一致しているのであれば、「~したい!」で選手はプレーします。

が、一致してなければ「~しなければならない」でプレーしてしまいます。

ですから、個人目標とチーム目標を一致させる必要あります。

呪縛を解く

もうひとつの『心の呪縛を解いてプレーする』

呪縛を解いてプレーするとは、イメージとしては子供の頃みたいに何も制限なく、大人に見られてない状態で伸び伸びプレーすることです。

思い出してほしいんですが、子供の頃って、

「打ちたい」「勝ちたい」「野球、大好き」でプレーしてませんでしたか?

「〜しなければならない」という呪縛がほぼない。

これが、子供が上達が早い大きな要因だと私は考えてます。

人間、年齢を重ねると「呪縛」がドンドン増えていきます。

真面目な選手ほど「~しなければならない」でプレーしてしまい、伸び悩んでる選手が多いと思いませんか?

これを防ぐために30分でもいいから、何も制限がない野球の試合を選手達に体感させて頂けませんか?

制限がなくなると伸び伸びとプレーして覚醒する選手がいますし、「野球は楽しいんだ。もっとやりたい」と忘れかけてたことを思い出してくれますから。

今まで見たことのないプレーをする選手出てきますよ!

まとめ

今日は、「~しなければならない」を「~したい!」に変えて練習効率をグンッとアップさせる方法をシェアしました!

それは、「個人の目標に向かって練習する」「心の呪縛を解いて覚醒する」でした!

今月も最後までお読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんが瞬達しますように!

川端健太

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!


ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

関連記事一覧