• グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」
  • HOME
  • グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

そもそも、小学生にプロテインを飲ませてもいいの?

お父さんのための野球教室の長田です。

学童野球の保護者の方から、プロテインについてのご質問が多かったので、ブログでお答えしたいと思います。

まず1番多い質問が「小学生にプロテイン飲ませて大丈夫?」という質問です。

早速お答えします。

問題ありません!
その理由は、プロテインは薬ではなく、牛乳や大豆を主な原料とする食品だからです。

いわば「濃い牛乳・豆乳」のようなものですので、飲んだからといってお子様の成長を妨げることはありません。

私の息子も飲んでいます。

しかしプロテインが、スーパーでも棚に並んでいる時代になりましたが、40代以上の方(私もですが)にはまだまだ認知度が低いのも事実です。

プロテインについて知識がなかった時は、私も「大丈夫か?よくわからんから、やめとこ!」そんな感じで試しもしませんでした。

「ちゃんとご飯を食べれば大丈夫!」って信じていましたし(笑)。

子供がプロテインを飲むと身長が伸びなくなるって本当?

結論からお伝えすると、プロテインを飲んで子供の身長が伸びなくなることはありませんのでご安心ください。

冒頭でもお伝えしましたが、プロテインは薬ではなく、牛乳や大豆を主な原料とする食品です。

飲んだからといってお子様の成長を妨げることはありません。

プロテインを飲んだ方が成長期に良い影響を与える

むしろ、成長期に特に必要でありながら不足しがちなたんぱく質を効率よく補えるため、プロテインを飲むことで身体に良い影響が期待できます。

特に、野球をはじめ、スポーツをしている子供だけど、食が細い子や、好き嫌いがあってお肉は食べても魚はあまり食べない子供達などは、身体を健康的にするために必要なたんぱく質の摂取量が足りていない可能性が高いです。

そのような子供達にとって、健やかな成長をサポートするためにプロテインを飲むことは非常に有用です。

「プロテインは、たんぱく質を補うための食品であり、身体に悪いどころか子供達の成長期をサポートしてくれるものである」

子供達の成長期に栄養を摂取することは非常に大事ですし、大人である私たちがプロテインについても正しい認識を持つことがまずは重要ですね。

プロテインは何歳から飲むことができるのか?

こちらについては、牛乳を飲めるなら何歳からでもお飲みいただけます

先程もお伝えしましたが、プロテインは牛乳や大豆からプロテインを抽出したサプリメントですので、「食品の扱い」となります。

ですから、牛乳や豆乳を飲むことができるなら年齢を問わずお飲みいただけます。
特に、育ち盛りの小学生以上のお子様におすすめです。

ちなみに私の子どもは、現在8歳ですが、7歳の頃からプロテインを1日1杯飲んでいます。

子供におすすめのプロテイン

お子様に飲ませるプロテインは、ビーレジェンド ジュニアプロテインをおすすめします。

ビーレジェンド ジュニアプロテインはたんぱく質だけでなく、管理栄養士監修のもと鉄やカルシウム、ビタミンD、ビタミンK(栄養機能食品)といった子供の成長期に欠かせないビタミン・ミネラルも配合した、総合的に子供の栄養をサポートするサプリメントです。

中でもカルシウムは国内ナンバー1の600mgを1食分に配合しています。

また、「すくすくチョコ風味」「のびのびいちご風味」「ぐんぐんグレープ風味」など、子供が飲みやすいフレーバーで、

プロテインが苦手なお子様でも美味しくお召し上がりいただけます。

今ならビーレジェンドの公式LINEに登録すると500円OFFで購入できますので、

この機会にぜひ試してみてください。

ビーレジェンド公式LINE登録はこちら↓↓↓

友だち追加

子どもにどのタイミングで
プロテインを飲ませたらいいですか?

こちらについては特に決まったタイミングはありません。
おすすめのタイミングをいくつかご紹介しますので宜しければ参考にしてみてくださいね。

リカバリーに!練習後のタイミング
運動後に不足した栄養のリカバリーが必要なのは大人と同様です。
お子さんもハードな練習を行うと、栄養が消費されます。
そんなときには栄養補給が必要なので、運動後30分以内にたんぱく質を摂ることでスムーズなリカバリーに繋がります。

プロテインなら、運動後で固形のものを摂ることが難しい・・・という場合でもゴクゴク飲めるので手軽です。

おやつに栄養食!間食のタイミング
食事と食事の間にプロテインを飲むのもおすすめです。
おやつにお飲みいただくのにぴったりな味付けのプロテインもあるのでご活用いただけます。
また、簡単なプロテインスイーツをお子さんと一緒に作ってみるのも◎。

たんぱく質が不足しがちな朝食のタイミング
朝食はたんぱく質が不足しやすいタイミングです。
ご飯やトースト、サラダ、卵までは用意できても中々主菜を用意する時間がないなどでどうしても栄養バランスを整えることが難しくなってしまいます。
そんなときはプロテインで手軽にたんぱく質を摂ることがおすすめです。

以上がおすすめの摂取タイミングになります。

いずれかのタイミングでプロテインを1日に1杯飲むことで、お子さんの成長に必要だけど、不足しがちなたんぱく質やカルシウムを効率よく補うことができます。

ビーレジェンド公式LINEに登録して、ジュニアプロテインをお得に購入できます。

ジュニアプロテイン500円OFFクーポンをGET↓↓↓
友だち追加