上手くなるために練習しすぎると、上手くならない!?

練習しすぎなんだよ!?

こんにちは!

縦振り先生こと、榊原貴之です。

練習しすぎるとウマくならないという話は、本当にあるんですよ。

これは、日本のスポーツ界のかかえる問題の1つですね。

トップ選手やプロチームでは改善されているところもありますが、アマチュアの世界ではいまだに蔓延していますね。

みんな、練習しすぎなんだよね。

もうちょっと正確に言うと・・・

指導者が練習させすぎってことね。

練習量の多さと練習時間の長さで、解決できることなんてないからね。

  • 精神的な問題
  • 故障の問題
  • 技術向上の問題

と、いろいろな弊害しかない。

筋力トレーニングに、「超回復」という考え方があります。

トレーニング後には適度な休息を与えることで、筋力がより強くなったり、筋量が一層増えるというものです。

当たり前と言えば、当たり前なんですけどね(笑)

オーバーワークでは、成長するどころか萎縮したりケガの原因にもなりますから。

技術の習得も同じことが言えると、ボクは考えているんですよ。

目的のない練習なんて、意味ないでしょ!?

ウチのスクールは、月2回のレッスンが基本だし、座間ひまわり野球倶楽部の練習は月5~6回くらい。

これで、充分にウマくなるんですよね。

もちろん、練習の内容はそれぞれ目的を持って、作りこんでありますから。

おそらく、ここが一番の差ではないかと思います。

量をこなすといっても、なんの練習目的もなくやっても意味がないです。

  1. ただ打って
  2. 何も考えずに投げて
  3. やみくもに捕る

こんなことやっていたって、ウマくなるはずないです。

だいだい、そんな簡単なものではないですから。

例えば・・・

バッティングセンターでお金と時間をかければ打てるのようになるのならば、もっと打てる選手が増えてもいいと思いませんか??

スクールでバッティングセンターに長年いますが、いいバッティングしている選手って、なかなか見かけないです。

いいなと思うと、ウチのスクール生だったりします(笑)

どんどんイヤになってしまう!?

練習量と練習時間を課すことの一番の問題は、精神面ですね。

それだけやらされるわけですから、だんだんイヤになるわけですよ。

楽しくて始めたものが、つまらないものや苦しいものになっていくんです。

試合の前日はワクワクしていたはずなのに、それすらなくなっていきます。

練習が中止になると喜んじゃうのって、なんか寂しすぎますね。

それに・・・

そういう精神状態で取り組めば、故障やケガだって起こりますよね。

もちろん精神状態のウンヌンじゃなくて、過剰な練習は故障やケガを誘発する原因になりますから。

こうなっちゃったら、負のスパイラルの連続でしかない。

何のためのスポーツやっているんだか、よくわからないでしょ。

心も体も痛めつけるためにやっているんだったら、やる必要ないじゃないって話になりますから。

親だって、そんな子供の姿はみたくないですからね。

スポーツの本質は、見失ってしまっている人も多いです。

誰のためのスポーツなのから、何のためのスポーツなのか。

もちろん座間ひまわり野球倶楽部にお任せください!(笑)

今日はこれくらいで!

YouTubeを始め、いろいろなSNSでも情報発信しているのでフォローお願いします♥

ブログは毎週水曜日・金曜日の更新予定です!

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

この記事を書いた人榊原貴之榊原貴之
『たてぶりせんせい』って呼ばれてます。野球の技術指導が本業です。小中学生に野球教室をしたり、甲子園に出るような高校の外部コーチもやってます。自身が代表を務める『座間ひまわり野球倶楽部』は小学部と中学部があります。SNSにも野球観、人生観を毎日綴っています。
株式会社メイク・ユア・ロード 代表
座間ひまわり野球倶楽部 代表
【略歴】
平成 5年3月日本大学第三高等学校卒業 (軟式野球部に所属)
平成 5年4月日本大学文理学部体育学科入学(中学高校一種保健体育教員免許取得)
平成 9年4月順天堂大学大学院スポーツ健康科学科入学
平成 9年4月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」入社
平成18年3月「上達屋(有限会社ベータ・エンドルフィン)」退職
平成18年4月独立
平成20年6月株式会社メイク・ユア・ロード 設立
平成30年7月座間ひまわり野球倶楽部設立

関連記事一覧