menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

4つのキャッチャーの自宅練習法

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

 

【質問】

 

 

投手以外の質問になってしまします。

 

 

今年より野球少年団を始めた3年生の息子がキャッチャーのポジションをコーチより指名されました。

 

 

今までは桜井さんのDVDやメルマガでキャッチボールを中心に指導してきたつもりですが、キャッチャーについては自分も全く経験がなくどのような指導をして良いのかわかりません。

 

 

少年団では練習をしてくるのでしょうが、自宅に帰ってからも出来る基本を教えるような練習方法はどんな種類の物があるでしょうかいくつか教えて頂ければと思い質問させて頂きました。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ キャッチャーの自宅練習
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

キャッチャーにとっての上達はピッチャー以上に様々な要素が必要なポジションだと考えています。

 

 

何を上達させたいかによって、行うべき練習は変わってきますが、帰宅後に行える練習としては、

 

 

◆素早く送球を行うための足の動作

 

 

ピッチャーからのボールを捕球後に、一塁、二塁、三塁への送球を想定しシャドー(擬似送球)を行います。

 

 

ピッチャーがシャドーピッチングを行うのと同じように、タオルを持って行うとよいです。

 

 

特に意識していただきたいのが、足の運び方です。

 

 

ピッチャーのボールが外角に来たとき、内角に来たとき、高めに来たとき、低めに来たときなど様々な状況を想定して、ミットを動かします。

 

 

その後、投げたい方向へ(右投げの場合)左肩を向ける動作に入りますが、その時にどのように足を運べば一番早く肩が投げたい方向へ正確に向くかを考え意識してこのシャドーを行って下さい。

 

 

 

◆素早く送球を行うためのボールの握りかえ

 

 

キャッチャーミットにボールがおさまると同時に、そのボールを利き手で取り出す動作を行いますが、正確にボールを握る(取り出す)練習を行います。

 

 

上の足の運びと同時に行っても構いません。

 

 

この時に注意すべきことは、握りそこなっても止めないということです。

 

 

試合では握り損なっても、すぐに修正して投げなければいけません。

 

 

その早さもこの練習で高めていって下さい。

 

 

あと、少し予断になりますが、通常は人差し指と中指の2本と親指の支えでボールを握りますが、人差し指と中指と薬指の3本と親指の支えでボールを握る練習をすることも非常に大切です。

 

 

これは試合で握りそこなったり、うまく2本で取り出せなかった時にもきちんとボールを送球するために非常に有効な練習方法です。

 

 

キャッチボールの時にも、3本の指でボールを取り出して投げる練習も行ってみて下さい。

 

 

◆確実な捕球を行うためのミットの手入れ

 

 

練習ではないと思うかもしれませんが、きちんとボールを捕球するために必要不可欠なことです。

 

 

他の野手や投手でも同じですが、特に捕手は捕球機会が多く、私の周りの捕手でレギュラーになっている選手は全員きちんとミットの手入れを毎日行っています。

 

 

◆見学すること

 

 

テレビでは一番捕手が分かりやすく映ります。

 

 

プロ野球では変化球など少年野球と異なる要素はありますが、どういうキャッチングをしているか、どういうリードをするのか、どういうタイミングでタイムをとっているか、どういう指示を投手や野手へ出しているかがよくわかります。

 

 

賛否両論はありますが、私は阪神の城島選手はそれらが最も見えやすい(わかりやすい)選手だと考えています。

 

 

プロの捕手の動きを比較してみて、自分にあったタイプを探すということも上達のために必要不可欠なことです。

 

 

関連記事

  1. 幼少期の野球指導について

  2. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  3. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  4. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…

  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください…

  6. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る