menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

内角、外角の投げ分け

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

ピッチャーが内角外角を投げ分ける時は、足を踏み出す方向を変えて投げ分けるのか、足を踏み出す方向は変えずに投げ分けるのかをできれば解説付きで教えて下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 内角、外角の投げ分け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

内角や外角といった横の投げ分けは足を踏み出す方向は変えずに投げ分けます。

 

具体的には、踏み出した足にかかる力を外側へ向けるか内側へ向けるか、また真中へ向けるかで投げ分けを行います。

 

力を外側へ向ける内側へ向けるといっても、見た目にはわかりません。

 

ほんの少しの意識だけで大きく外側と内側になります。

 

小さな角度でも距離が離れればその差は大きくなります。

 

これと同じで踏み出した足にかかる力の向きを意識することで、ボールがキャッチャーに到達したときには大きな差となります。

 

逆に言えば、それだけのことでコントロールは大きく乱れるということです。

 

コントロールが不安定になってきたなと感じたら、自分の投げたい方向へ体ごと向かっていく意識でコントロールを修正してみてください。

 

このとき腕でコントロールをすると1球2球はたまたまコントロールよく投げることはできるかもしれませんが、次第に体と腕が離れていき余計にコントロールが不安定になります。

 

投げたい方向へ力を向けるということを意識してキャッチボールからおこなってみてください。

 

内角、外角の投げ分けについては、コチラで詳しく解説しています。

http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

関連記事

  1. 無理に歩幅を大きくすることの2つのデメリット

  2. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

  3. 打者が打っても安打出来ないボール

  4. 投球時の左手の使い方(右投手の場合)

  5. 投手の体格

  6. 冬のトレーニング効果を最大化する方法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る