menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

フットファーストとは

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

参考になりたすかります。

 

また、DVDもたいへん参考になりたすかります。

 

教えていただきたい事があります。

 

ヒップフアーストは解りますが、フットフアーストがどういう体勢か解りません。

 

教えてください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ フットファーストとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フットファーストとは足を上げ、踏み出し、軸足から踏み出した足へ体重をのせていくという、下半身から上半身に順番に力を伝えていく動きを言います。

 

ヒップファーストはご存知の通り、お尻を先行させて踏み出そうという運動のことです。

 

ただこのお尻を先行させれば速いボールを投げられるという意識をもってしまうと、足を踏み出すタイミングを遅らせてしまいます。

 

そうすると、踏み出したときには体重が全て踏み出した足に乗ってしまうため、上半身は踏み出しと同時にすぐに投げる動作に入ります。

 

しかし、腕はこの早いタイミングについてこれず、結果として肘を下げてしまったり、ボールを押しだすように投げなくてはいけなくなります。

 

また、ヒップファーストを強く意識すると、利き手の肩が下がってしまう選手が多くいます。

 

そうすると利き腕が伸びてしまい体との距離ができてしまいます。

 

そこからリリースポイントまで腕を持ってこようとすると、腕を引っ張ったり、腕を担ぐ上体となり負担も大きく、強いボールを投げることがむずかしくなります。

 

傾斜のあるマウンドでは普通に足を踏み出すだけで、意識しなくてもお尻から動き出しますので、むやみにお尻を突き出すように投げず、上半身よりも先に足を踏み出し着地させることを意識すれば安定して腕を気持ちよく振ることができます。

 

グラブを持った側の肩からホーム方向へ倒れ込むように投げる投手でも、上げた足を先に踏み出し着地するということを意識させてあげれば自然なフォームに改善します。

 

過剰にヒップファーストを意識するのではなく、地面に近いところから順に前へ体を運んでいくことを意識すれば、指先にロスなく力を伝えていくことができるのが、フットファーストの考え方です。

 

踏み出し足については、こちらの動画で詳しく解説しています。

http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

 

関連記事

  1. 自分にあった感覚や動作を見つける

  2. 丁寧にキャッチボールをする

  3. 頭でイメージした動きに実際の動きを近づける

  4. 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

  5. クロスしてしまう足を修正する方法とは?

  6. 投げるときの「腕の上げ方」について

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る