【少年野球】バッテイング「ジャストミートできない理由」足の上げ方とは?

ジャストミートが出来ない理由

みなさんこんにちは、お父さんのための野球教室の長田です。

今回は「ジャストミートが出来ない理由」について、お話したいと思います。

バッターボックスに入ったら、だれもが望むのがジャストミートした強い打球を打つことですよね?

でも現実はどうでしょうか。

なかなか、いい当たりが出なくて悩んでいる選手がほとんどです。

上手くミートできない選手には、出来ない理由があります。

お父さんのための野球教室では、今までにもたくさんの練習方法を配信してきましたが、

理由が分からないと、その解決方法としてどんな練習が最適かが分かりようがありません。

これから、理由と解決方法をセットにしてお伝えしていきたいと思います。

今回はジャストミートできない理由の1つ、詰まる原因として足の上げ方に注目したいと思います。

詰まる理由は、足の裏に注目⁈

「詰まるのを何とかしたい!」そういう小学生を指導する時に、

注目する箇所の一つが、足の上げ方です。

その中でも特に足を上げた時の足の裏の向きに注目します。

見るポイントを上げておきますね。

・足を上げた時に足の裏がピッチャー方向に向いているかどうか

この1点をチェックしてください。

足の裏がピッチャー方向に向いていなければ、別の理由なので、次の機会にご紹介したいと思います。

もし、足の裏がピッチャー方向に向いているのなら、読み進めてください。

解決できるかもしれません!

なぜ、それが原因なのか?

足の裏がピッチャー方向に向くことで、何が起こるのか?

それをお話します。

ご自分で体験すると分かりやすいと思いますので、やってみてください。

バッテイングの構えから、足を上げます。

そして、ステップをしようとするときに足の裏をピッチャーに向けてみましょう!

どうなります?

きっと上げた足の膝は内側に捻られ、それに伴って腰、上半身と捻られないでしょうか?

こんな風に

 

 

 

 

 

 

これだけ、膝を閉めこんでしまうと、何が起こるかというと、

閉めこんだ分をスイング時に余分に開き戻さないといけなくなります。

そのために多くのケースで

着地時点で今度はつま先が開く

腰の開く

バットが遅れる

詰まる

という流れになってしまっています。

 

 

 

 

 

 

ただ、着地までに締め込みが解消できていれば問題ありません。

プロの選手でも足を上げた瞬間は足の裏がピッチャー側を向いている選手もいます。

修正方法

それでは、足を締め込んでいるために詰まって凡打が多い選手の修正方法です。

自分でチェックしながら、修正できますのでお試しください。

チェックポイントは2つ

①ステップした足のつま先が着地した時、ピッチャー方向に向かないで少し内側に入っているか

②ステップした足の膝が着地時に開いていないか

この2点を注意しながら、ゆっくりと何度も素振りで確認してください。

最初はゆっくり自分で確認できるスピードから始めてください。

動画で確認しましょう

お父さんのための野球教室最新動画↓

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
手塚一志の上達屋、大阪道場長を歴任、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝春秋通算10回・全日本大学選手権大会6回出場・明治神宮大会1回出場。
現在も学童野球から高校野球までを幅広く指導。
中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧