【少年野球】ピッチングは呼吸を変えると進化する!?

こんにちは!

野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

東海地区などは、梅雨入りしてしまいました。

外で練習する機会が、減ってしまいますね💦

今日は、「ピッチングは呼吸を変えると進化する」という話をしますね!

今からシェアする内容は、

  • キレのあるボールを投げたい。
  • 投手力をアップしたい

そう思ってる方のお役に立てる、上達法になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ボールのキレが良くなります。
  • コントロールも良くなります

こんな嬉しいことが起こるので、最後までお読みください

今からシェアする方法は、先日、 関東大会に出場した花咲徳栄高校のピッチャーに指導した方法になります。

いつ吐くのか?

徳栄のピッチャーを見ていたら、リリースあたりで「ウッ」と息を吐いてることに気づいたんです。

そこで、「リリースで息を吐いてくれ」とその選手に伝えました。

そうすると、 そこそこの変化が起こったのですが、もっと進化させられないだろうかと考えたんです。

そこで、リリースではなく、もっと早く声を出すよう指導しました。

そうすると、 キレのあるボールになりコントロールが良くなりました!

これは、私にとってもかなり勉強になりました。

武道では、「呼吸は究極の奥義」と言われています。

この言葉は、呼吸によって上達・進化するけど、難しいということだと私は考えているんです。

息を吐くタイミングを変えることは、呼吸のタイミングを変えることになります。

呼吸のタイミングが変われば、当然ピッチングフォームも変わります。

指導したピッチャーは、リリース前に「ウッ」と息を吐くと良いボールが投げられました。

が、息を吐くタイミングや吐き方は、ピッチャーによって違うと考えてます。

あなたの教え子さんの体のタイプによって、変わってきます。

練習の時に、いつ吐けばいいのか?

それを見つけてみてください !

ピッチングが進化しますから。

まとめ

今日は、ピッチング力を向上させる呼吸の仕方をシェアしました。

この方法なら、小学生でもすぐにできるので、次の練習の時に試してみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが 瞬達しますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧