menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

投球時の左手の使い方(右投手の場合)

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

体重移動が大切とのことで、以下の投げ方ですと体重移動がスムーズにいくのですが、投げ方として合っていますでしょうか。

 

グローブを縦に持ち、右手と左手の肘をくっつける感じで、グローブを顔の前あたりに構え、左足を上げていく。

 

 

左足を下ろすのと同時に、左手のグローブをキャッチャー方向にグーッと伸ばす感じで左手を使う。

 

 

伸ばした左手を左わきの下あたりにたたみながら投げる

 

つまり左手をリードに使いながら体重を移動していく感じです。

 

下半身主導の方が望ましいのでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 投球時の左手の使い方(右投手の場合)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

”左手をリードに使いながら体重を移動していく感じ”これはとても良い体の使い方です。

 

実は私もこの左手の使い方で体重移動をサポートしています。

 

もちろん膝、太もも、股関節を使って、下半身から体重を前へ移動させていきますが、その力をどの方向へ力を導いていくかということが次のポイントになります。

 

これは頭においておくだけでもピッチングが安定してきますが、右投手の場合、体の右側で投げる力を作り、体の左側でコントロールを生み出します。

 

左投手はこの逆になります。

 

少し話がそれましたが、下半身での体重移動とコントロールを司る左半身の両方を意識されています。

 

これは紛れもなく下半身での体重移動が習得できており、次のステップに移ろうとしている証です。

 

ぜひ今の体の左側の使い方を意識し、取り組んでいって下さい。

 

時々うまくいかないなと感じる時もあります。

 

その時はまた下半身での体重移動に意識を多く配分し、立ち戻ってみて下さい。

 

体重移動についての詳しい解説はコチラの映像をご覧ください。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 丁寧にキャッチボールをする

  2. コントロールが乱れた時の対処方法とは?

  3. 誰も知らない大学野球2

  4. キャッチボールの段階的練習メニュー

  5. 投球時の腕のしなりについて

  6. 肘の上げる意識の切り替え

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る