投球時の左手の使い方(右投手の場合)

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

体重移動が大切とのことで、以下の投げ方ですと体重移動がスムーズにいくのですが、投げ方として合っていますでしょうか。

 

グローブを縦に持ち、右手と左手の肘をくっつける感じで、グローブを顔の前あたりに構え、左足を上げていく。

 

 

左足を下ろすのと同時に、左手のグローブをキャッチャー方向にグーッと伸ばす感じで左手を使う。

 

 

伸ばした左手を左わきの下あたりにたたみながら投げる

 

つまり左手をリードに使いながら体重を移動していく感じです。

 

下半身主導の方が望ましいのでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 投球時の左手の使い方(右投手の場合)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

”左手をリードに使いながら体重を移動していく感じ”これはとても良い体の使い方です。

 

実は私もこの左手の使い方で体重移動をサポートしています。

 

もちろん膝、太もも、股関節を使って、下半身から体重を前へ移動させていきますが、その力をどの方向へ力を導いていくかということが次のポイントになります。

 

これは頭においておくだけでもピッチングが安定してきますが、右投手の場合、体の右側で投げる力を作り、体の左側でコントロールを生み出します。

 

左投手はこの逆になります。

 

少し話がそれましたが、下半身での体重移動とコントロールを司る左半身の両方を意識されています。

 

これは紛れもなく下半身での体重移動が習得できており、次のステップに移ろうとしている証です。

 

ぜひ今の体の左側の使い方を意識し、取り組んでいって下さい。

 

時々うまくいかないなと感じる時もあります。

 

その時はまた下半身での体重移動に意識を多く配分し、立ち戻ってみて下さい。

 

体重移動についての詳しい解説はコチラの映像をご覧ください。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

LINE友達登録でバッティング教材が半額!

お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 新規友だち登録キャンペーンを開催中です!

ただいま、新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のバッティングDVD 「和田一浩が教えるバッティング指導の極意~基本編~」を半額で手に入れることができます!

友だち追加

関連記事一覧