menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

投球時の左手の使い方(右投手の場合)

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

体重移動が大切とのことで、以下の投げ方ですと体重移動がスムーズにいくのですが、投げ方として合っていますでしょうか。

 

グローブを縦に持ち、右手と左手の肘をくっつける感じで、グローブを顔の前あたりに構え、左足を上げていく。

 

 

左足を下ろすのと同時に、左手のグローブをキャッチャー方向にグーッと伸ばす感じで左手を使う。

 

 

伸ばした左手を左わきの下あたりにたたみながら投げる

 

つまり左手をリードに使いながら体重を移動していく感じです。

 

下半身主導の方が望ましいのでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 投球時の左手の使い方(右投手の場合)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

”左手をリードに使いながら体重を移動していく感じ”これはとても良い体の使い方です。

 

実は私もこの左手の使い方で体重移動をサポートしています。

 

もちろん膝、太もも、股関節を使って、下半身から体重を前へ移動させていきますが、その力をどの方向へ力を導いていくかということが次のポイントになります。

 

これは頭においておくだけでもピッチングが安定してきますが、右投手の場合、体の右側で投げる力を作り、体の左側でコントロールを生み出します。

 

左投手はこの逆になります。

 

少し話がそれましたが、下半身での体重移動とコントロールを司る左半身の両方を意識されています。

 

これは紛れもなく下半身での体重移動が習得できており、次のステップに移ろうとしている証です。

 

ぜひ今の体の左側の使い方を意識し、取り組んでいって下さい。

 

時々うまくいかないなと感じる時もあります。

 

その時はまた下半身での体重移動に意識を多く配分し、立ち戻ってみて下さい。

 

体重移動についての詳しい解説はコチラの映像をご覧ください。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 投球時の腕のしなりについて

  2. 少しの意識の変化でピッチングフォーム修正は可能です。

  3. 軟式ボールから硬式ボールへの対応

  4. ピッチャーの指導をどのようにすればいいのか?

  5. 体を大きく使って投げるとは?

  6. 大会前1週間の調整パターンとは?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る