menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

外野としてより遠くにそして正確に投げるためには、最大遠投距離が大きければ大きいほどいいと思います。

 

そこで質問なんですが、遠くに投げるためには何が大事で、どこを鍛えればいいんでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

投げる力=肩の強さという風に言葉では置き換えられるため、肩の筋力を強くすれば投げる力が上がるという風に考えられる方もおられます。

 

しかし、投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

 

体全体を効率的に使って投げてはじめて投げる力が発揮されます。

 

体全体の力を効率的に使うというのは、自分自身が持っている体の力を余すことなく使い切って投げるというふうに私は考えています。

 

筋力トレーニングは現在の野球では重要なトレーニングの一つになってきています。

 

しかし、いくらガンガン筋力トレーニングを行って大きな筋力がついても、投げる時にその筋肉の力を発揮させる能力が備わっていなければ全く意味がありません。

 

大切なのはいかに体の力を最大限に引き出すことが出来るかということです。

 

それを引き出すために最も効果的な練習は「走る」ことです。

 

ただだらだら走るのでは意味がありません。

 

50m~400mの距離のダッシュをされると思いますが、その距離を大きな歩幅で踏み出し、大きく後ろに蹴りあげる。

 

そして腕も最大限に早く振る。

 

まずは1本から初めてみて下さい。

 

次に走る体力を残すことなく、そこで全ての力を出し切って下さい。

 

これを1本、2本と増やしていくことで体の力、体の力を出す力、つまり投げる力がついてきます。

 

投げるフォームにつては、コチラで詳しく解説しています。
http://www.1baseball-club.com/field_01/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    小学生のうちにやっておくべきこと

  2. 楽しく感じられない時に怪我のリスクは非常に高まります。

  3. キャッチボールの段階的練習メニュー

  4. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について

  5. 肩甲骨のトレーニングやストレッチの方法

  6. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません……

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る