menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

外野としてより遠くにそして正確に投げるためには、最大遠投距離が大きければ大きいほどいいと思います。

 

そこで質問なんですが、遠くに投げるためには何が大事で、どこを鍛えればいいんでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

投げる力=肩の強さという風に言葉では置き換えられるため、肩の筋力を強くすれば投げる力が上がるという風に考えられる方もおられます。

 

しかし、投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

 

体全体を効率的に使って投げてはじめて投げる力が発揮されます。

 

体全体の力を効率的に使うというのは、自分自身が持っている体の力を余すことなく使い切って投げるというふうに私は考えています。

 

筋力トレーニングは現在の野球では重要なトレーニングの一つになってきています。

 

しかし、いくらガンガン筋力トレーニングを行って大きな筋力がついても、投げる時にその筋肉の力を発揮させる能力が備わっていなければ全く意味がありません。

 

大切なのはいかに体の力を最大限に引き出すことが出来るかということです。

 

それを引き出すために最も効果的な練習は「走る」ことです。

 

ただだらだら走るのでは意味がありません。

 

50m~400mの距離のダッシュをされると思いますが、その距離を大きな歩幅で踏み出し、大きく後ろに蹴りあげる。

 

そして腕も最大限に早く振る。

 

まずは1本から初めてみて下さい。

 

次に走る体力を残すことなく、そこで全ての力を出し切って下さい。

 

これを1本、2本と増やしていくことで体の力、体の力を出す力、つまり投げる力がついてきます。

 

投げるフォームにつては、コチラで詳しく解説しています。
http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?

  2. 置きに行くようなフォームの修正

  3. 正確な「送球」するための3つのポイント

  4. ピッチングマシンになる方法

  5. 投げるときの「腕の上げ方」について

  6. スピードが先か?コントロールが先か?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る