球速が上がらない人は、3つの基礎をチェックしよう!

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回は、球速が速い選手とそうでない選手の特徴の違いから、球速を上げるためのポイントをお伝えしていきます。

投手をやっていれば、「球速を上げたい」という思いを抱くことは、少なからずあると思います。

これまで私が指導してきた選手をみていると、球速が速い選手と伸び悩む選手にはそれぞれ特徴がありました。

球速の速い選手は、3つのポイントが出来ていたんです。

3つのポイントとは?

では、その3つのポイントをお伝えします。

  1. 体重移動がうまくできているか
  2. 壁、支点を作る体の使い方ができているか
  3. 軸足に体重を乗せられているか

球の速い選手は、この3つのポイントを上手に使えていると私は考えます。

それぞれのポイントを、詳しくみていきましょう。

1、体重移動が上手くできているか

野球においての「体重移動」というのは、右足から左足、左足から右足という左右への移動です。

もう少し細かく言うと、「重心軸を右から左、左から右へと移す」と表現することもできます。

体重移動の上手な選手

上手な選手は、「軸が地面と垂直を保ったまま、左右に平行移動」します。

これができると、軸足にしっかりと体重が乗っている状態だと言えます。
※この動作は、体重移動の感覚をつかむ練習にもなりますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

重心移動が苦手な選手

一方、苦手な選手は「軸が常に体の中心にある、つまり左右に傾いてしまう状態」になります。

これでは、軸足にしっかりと体重が乗っているとは言えません。

体重を乗せられていないことで、前足への移動が早く起こってしまい、ステップ幅も狭くなります。

いわゆる、「タメを作れていない」状態です。

体重移動が苦手な選手は、「振り子運動」を練習して感覚をつかんでいきましょう。

2、壁・支点を作る体の使い方ができているのか?

先ほど述べた「体重移動」も大切ですが、移動したまま流れてしまわないために、壁を作ってブレーキをかける必要があります。

具体的には、踏み出し足の股関節で壁(支点)をつくることが大切です。

ここで支点が作れないと、うまく上半身に力を伝えることが出来ません。

では、コツをつかむための練習方法をお伝えします。

「壁を作る」感覚を覚える練習

サンドボールなどの重たいボールを持ち、振り子のように左右に振ります。

重たいボールを使うことによって、しっかり踏ん張らないと左右に体がもっていかれてしまいます。

そのため、軸足で壁を作る練習になるということです。

上手に壁をつくれている人は、軸足とは反対の足が少し浮くこともあります。

また、お尻の外側が疲れてくるのも上手にできているサインです。

慣れてきたら、自分の身体の正面を通る時に勢いよく加速させてみましょう。

より負荷がかかるため、より強く軸足で踏ん張ることが出来ます。

3、軸足に体重を乗せられているのか?

「体重移動」「壁・支点を作る」動作に加えて大切なことが、軸足に体重を乗せる動作です。

まとめ

今日は、球速をあげるための3つのポイントをお伝えしました。

考え方によっては、この3つは重なる部分もあると思いますが、それぞれに焦点を当てて考えてみて下さい。

投球においてもバッティングにおいても、その一瞬の動きの中で意識をすることは難しいですが、体の使い方は、繰り返し行うことで自然とできるようになっていくものです。

そして、正しい体の使い方が出来るようになれば、プレーの質も良くなっていきます。

ですので、反復練習をして体に覚えこませましょう!

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧