メジャーリーガーと日本人投手のフォームが違う理由とは?

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回は海外の投手と日本の投手の投球フォームの違いについてお伝えします。

同じ投手にもかかわらず、投げ方が少し違うなぁと気づかれる方もいらっしゃると思います。

近年では、手軽に海外のピッチャーの投球動画なども、見ることができる時代です。

様々なピッチャーの投球を見て、参考にしようと思われている方もいらっしゃるはずです。

参考にして取り入れるのはすごく大切なことですが、見た目だけを真似してしまうとうまくいきません。

そこで今回お伝えする、違いをしっかり理解して自分に合ったフォームを見つけましょう。

体格が違うから体の使い方が変わる

日本の選手と海外の選手では、まず体格が違います。

海外の選手は、平均で身長が10センチ以上、体重が10キロ以上も大きくなります。

これは動作をする上で、とても大きな差になります。

実際に何が大きく変わるかというと、使う「エネルギー」の割合が変わってきます。

  • 位置エネルギー→高いところから低いところへ物体が移動するときに生まれる力。
  • 推進エネルギー(慣性力)→前へすすむ力。ピッチングでは、前足の着地と同時に上半身が一気に加速する。

主に大切な「エネルギー」は、この2つです。

身長が高くて体重がある海外の選手は、位置エネルギーをたくさん使うことができます。

では、日本人選手はどうでしょうか。

身長が低くて比較的軽い日本の選手は、位置エネルギーがあまり使えません。

その代わり、推進エネルギーをたくさん使うことで、海外の選手と同じくらいパワーを出すことができます。

日本の選手が大きなパワーを生み出すためには、「推進エネルギー」を最大限活用することが大切になります。

推進エネルギーを発揮するには

推進力をより大きくするためには、前に進む距離(ステップ幅)を大きくすることが必要です。

そして、ステップ幅を大きくとるためには、次のようなポイントが大切です。

  • 「タメ」を作ること
  • 「体の開き」をおさえること

体が早く開いてしまうと足が早く着いてしまうので、結果的に移動距離が小さくなります。

体が開かないようにすると、タメを作って、前方への移動距離を大きくすることができるんです。

海外の選手は

海外の選手の投球動作をみると、いわゆる「立ち投げ」に見えることが多いです。

ステップ幅が狭くても位置エネルギーの力を使えるため、パワーのあるボールが投げられます。

また、海外の選手は体の開きが早いことも多いです。

そのため、投げ終わった後にクルっと回転するようなフォームになります。

体の開きが早くても強いボールが投げれるのは、位置エネルギーを使えるからです。

身体の特徴に合わせよう

このように、海外の選手と日本の選手では体格の違いがあるため、フォームにも違いがみられます。

良いパフォーマンスをおこなうためには、自分に合ったフォームを見つけることが大切です。

いろんな選手を参考にして学ぶことは大切なことですが、必ずしもそれが自分に合っているかは分かりません。

自分はどの投げ方がよりパワーを出せるのか?ということを考えてみて下さい。

また、「腕や上半身の使い方」についても、どのエネルギーを使うかによって変わってきます。

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧