menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

小学校2年生の息子がピッチャーを希望しておりますが、フォームを見ると、軸足で立ったときに安定せず、踏み出す足もばらばらの状態です。

 

下半身が弱いと思うのですが、これからはランニング等の下半身強化と、シャドウピッチングでフォームを安定させることが大切と思っております。

 

これからピッチャーの練習を始める低学年の子供に良いメニュー等あれば、お教え願います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ランニング等の下半身強化は投球を支える大切な練習です。

 

ただ、もう一つ大事なことはやはり「投げる力」は「投げる」ことでついていくと私は考えています。

 

特に野球をはじめたばかりの小学生の時期は投げることで投げる力がついていきます。

 

その中でも遠投は、投げる力そして投げる楽しさを知るための大切な練習です。

 

ですから許される限りどんどんと投げて、遠くに投げる楽しさ、速いボールを投げる楽しさを覚えていっていただきたいと考えています。

 

このように書くと「投げ込み」を強制することにつながるのではないかと考えてしまいますが、決してそうではありません。

 

闇雲に「どんどん投げろ」というだけでは体を開いて上半身の力だけで投げてしまおうとしてしまい、結果としてどこかしらを痛めてしまうことにもつながってしまいます。

 

そうではなくて、きちんと下半身の力がボールに伝わっていく感覚を掴んでいかなければいけません。

 

ただ遠投をするのではなく、真っ直ぐの線を引いてあげて、足を上げた時、踏み出した時、投げ切った後の足は全てその線を踏むようにアドバイスしてあげて下さい。

 

そのルールだけを与えてあげてあとは思い切り投げさせてあげて下さい。

 

そうすると、体は開かずにまっすぐに力を投げる方向へ向けることができます。

 

静止した状態はもちろん助走をつけた遠投も混ぜてあげてみて下さい。

 

助走をつけて投げることは下半身から上半身全体を使って投げるということを覚えるのにも効果的です。

 

筋力はある程度成長とともに発達してきますが、強く投げる感覚(下半身から上半身全体を使って投げる感覚)をこの時期に知れるかどうかでその後の成長の仕方は全く異なったものになると考えています。

 

この強く投げる感覚、投げる楽しさをこの時期にしっかりと教えてあげて頂ければと思います。

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 丁寧にキャッチボールをする

  2. 誰も知らない大学野球

  3. 正しくボールを投げる練習法

  4. ピッチャーの指導をどのようにすればいいのか?

  5. 練習時のティーバッティングの注意点とは?

  6. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る