股関節を支点にして下半身を使って投げるピッチング方法

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

今回は、股関節を支点にして投げる、てこの原理で投げる方法のレッスン編です!

  • 開きが早い
  • 上体が突っ込んでしまう

こんな悩みを持つ方は、下半身がしっかり使えていないことが多いです。

今回ご紹介する方法は、上半身の力は使わず、下半身の踏ん張る力と回転の力のみを使って投げる練習になります。

下半身から上半身に力を伝える方法とは?

では実践に入りましょう!

  1. 足を開いて立ちボールを持ちます。
  2. 肘を直角に曲げて、脇を締めて体側から離れないように密着させます。
  3. 腰の回転と手首のスナップだけを使ってボールを強くネットに投げ込みます。

上手く投げれましたか?

動作が出来ているかどうかを評価するポイントとして、

  • ボールを強く投げれているか
  • 目的に対してコントロールができているか

この感覚を確かめてみてください。

結構、これができない選手が多いです。

特に、

  • 肩を痛めてくる選手
  • もう一歩次のステップに進めない選手

は、この下半身の使い方ができない場合が多いです。

下半身で投げる動作やコツとは?

この動作が難しい・出来ないという方は、まずはボールを投げずに、骨盤をひねる練習から始めましょう。

意識するポイントが2つあります。

1つは、踏み出し脚の股関節をぶれないように固定することです。

コツとしては、足の裏で踏ん張り・地面から跳ね返されるような力によって膝が伸びる感覚を掴むことです。

例を挙げてみると、オリックスの山岡投手の投球動画を参考にしてみてください。

踏み出した後は前足の股関節が支点となり、膝が完全に伸びています。

もう一つのポイントは、後ろの足を内側に回すことです。

この2つのポイントを組み合わせることで、理想的な下半身の動作を作ることができます。

この方法で、下半身の使い方を身につけてから、もう1度初めに紹介した練習をおこなってみてください!

  • より強く投げれるようになりましたか?
  • よりコントロールが出来るようになりましたか?

繰り返し練習をして、競技レベルの向上を目指していきましょう!

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧