軸足の重心の使い方をプロ野球選手から学ぶ

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、少年野球や学童野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

  • 体の開きが早い
  • 伸び上がりが早い

あなたやあなたのお子様で、このような悩みはありませんか?

これを解決するためには、ギリギリまでくるぶしの下に重心を残しておくことが大切です。

勘違いしてはいけないのが、投げ終わるまで全く母趾球に乗ってはいけないということではありません。

あくまで、ギリギリまでかかと側に残しておくというところがポイントです。

そうすることによってタメを作ることができるので、最初に挙げたお悩みの解決に繋がります。

プロ野球選手から軸足の使い方を学ぶ

では、具体的な例を参考にしていきましょう。

私がとくに、体重の使い方が上手だなぁと思うプロ野球選手が2人います。

  • 右なら則本昂大投手
  • 左なら菊池雄星投手

です。

皆さんもぜひ、検索してみて下さい。

この2人には、共通している軸足の使い方があります。

ワインドアップで足を上げたときの軸足のつま先、ここに注目してみて下さい。

2人とも、足を上げたときにつま先が浮いているんです。

ということは、明らかに重心は後ろにかかっているということです。

皆さんも試しに片足立ちをして、軸足のつま先を浮かしてみて下さい。

勝手に、重心がかかと側へ移動しませんか?

あくまでも、つま先を上げることは1つの方法です。

結果的に、ギリギリまでくるぶしの下に重心を残しておけるかどうかが大切です。

重心が後ろにあると膝が前に出ることもなく、ぎりぎりまで骨盤が開きません。

色々ある軸足重心の使い方

その他にも、重心を残すための方法としていくつか挙げてみましょう。

足を上げると同時に、軸足のかかとをトンッと踏みながら構える方法もあります。

これは、かかとをしっかり踏むことで、体重をかかとにかけておくことができるんですね。

また、あえてつま先を上げておいて、かかと側へ戻しながら体重移動する方法もあります。

体重移動している時に、母指球に乗るタイミングというのは人それぞれですが、初めの形・タメを作る時にはかかとの方に重心をおく方がいいと私は考えています。

このように、軸足の使い方は沢山あるので、ご自身で試してみてあった方法を見つけて下さい。

また、今回説明した内容はピッチングだけでなく、バッティングや守備の動作でも活用できると思いますので、参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧