【少年野球】一瞬でコントロールが良くなる一点集中法

こんにちは!

野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です

今回は、「コントロールが悪いピッチャーが一瞬で抜群の制球力になる一点集中法」を紹介しますね。

今から紹介する方法は、5歳児にもできるほど簡単です!

また、脳の原理原則に基づいた方法なので効果抜群ですよ!

具体的にどんな方法なのか?

それは、一点集中法という集中する方法を応用したものになります。

一点集中法とは、一点を観ることで集中力を高める方法です。

この集中法を知っていた私は、以前、高校生とキャッチボールをしてるときに、今から紹介する方法をひらめいたのです。

何気なくキャッチボールをしていたら、高校生がグローブから出してる指がハッキリと見えた時がありました。

その高校生、白の手袋をしていたからです。

その指がハッキリ見えたとき、「あ!1点集中法ができる!」とひらめいた私は、高校生に「グローブから出してる指を俺に見えるように、こっちに向けてくれ」とお願いしました。

一般的には、ボールを捕るほうをキャッチボールする相手に向けることはあると思います。

が、私がお願いしたのは全く逆で、ボールを捕るほうを自分に向けさせることでした。

さすがに高校生、戸惑ってましたよ笑

指を見せるだけでコントロールが良くなる?

高校生は戸惑ってましたが、白い手袋をした指を見せてもらって投げたら、スーーーッと吸い込まれるようにグローブに入ったんです。

あ、もちろん、捕る時は指を私に見せてませんよ!

「これは、使える!」と思った私は、すぐに全員を集合させて、以下のように指示しました。

「今からコントロールが良くなる方法を話すのでやってみてくれ。

まず、キャッチボールでやってほしい。

  1. ボールを捕る人が、相手に見えるようにグローブにあるマークを向ける。
    今回はコントロールを良くするために相手にグローブから出した指やメーカー名などが書いてあるマークを見せる。
  2. 投げる人はそのマークを見る
  3. 見たらすぐに、リリースの瞬間にシュッと声を出して投げる

これをやってくれ」

こう指示したら、コントロールが抜群になってました!!

ただし、この方法には注意点があります。

見たらすぐに投げる

1点は、4秒以上見続けると筋肉が固まってきます。

ですから、「見たらすぐ」に投げるように伝えてください。

「見たらすぐ」と言っても、慌てないことは伝えてくださいね!

指やマークを見て、シュッと言って投げる。

是非、次の練習で試してみてください。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんやお子さんが瞬達しますように!!

この記事を書いた人川端健太川端健太
脳科学、古武術などの身体操作、コンディショニング調整法などを学び独自の理論を確立
全国各地で野球ソフトボール教室を900回以上開催し2万人以上の選手、指導者を指導
野球雑誌『BaseballClinic』さんのコラムを担当。
主な指導チーム
花咲徳栄高校 日本文理高校
札幌第一高校 江陵高校
弘前聖愛高校 学法石川
米沢中央
報徳中学、奈良県田原本中学
山口県柳井中学校
SOFTBANK 2016ドラフト2位指名 古谷投手

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧