【少年野球】近い距離が投げれない(苦手な)理由と改善法②

軸足に体重が乗らなければ近い距離は投げられない

皆さんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

今回も学童野球や少年野球のピッチングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

今回のテーマは「近い距離が投げれない理由と改善法②」です。

イップスでお悩みの方は、近い距離が投げられなくてお困りの方が多いと思います。

また、イップスでなくても近い距離が苦手、という方もいらっしゃるでしょう。

是非そのような方は参考になさってください!

では、始めましょう!

「軸足に体重が乗らないと近い距離が投げられない」

近くに投げる時でも体重はしっかり軸足に乗せているんですね。

これが軸足に体重を乗せる感覚が鈍くなってしまうと、前足がつくのが早くなり、ステップ幅も短くなります。

少しのタイミングのズレなので、見ていてもわかりにくいんですが、少し前足への体重移動が早くなっているというのがあります。

力を入れたいタイミングで力が入らない

前足の接地が早くなってしまうと、腕が遅れてしまうんです。

リリースポイントというのは、前足の体重が乗り切ってグッと踏ん張った瞬間にリリースすると一番腕に力が入りやすくなります。

先に足が早くついて前足が乗り切ってしまうリリースポイントよりも早いタイミングで力が入ってしまうんです。

その結果、すっぽ抜けたり、ボールを落としたりしてしまいます。

タイミングが合わず、すっぽ抜けないように指先だけでコントロールしようとしてしまうと今度はボールをひっかけてしまい、ワンバンドのボールを投げることになります。

軸足に乗らないと肘も上がらない

そして多いのが、肘が上がってこないパターンです。

体が早く前に行ってしまうと、腕が出てこず肘が上がりません。

もっと悪くなってくると、一回止まるような投げ方になってしまいます。

チェックしてみましょう!

近い距離に投げれるか!?チェックポイント!

片脚で立ってボールを投げる

1、ボールを持って軸足で立ちます。

2、前足をつかずに軸足だけでボールを投げる(体が回ってもよい)

これができるかできないか。

できない人は近い距離にボールを投げれない人が多いです。

軸足に体重を乗せるという感覚がそもそもわからないんです。

できない人の例としては、

・軸足に乗っていられなくて前足をついてしまう。

・体がくの字になってしまう。

・軸足を回転させれない

・投球方向が向けない

・体が不安定になってしまう

軸足で投げれる人はもちろん沢山いるんですが、そういう選手は軸がぶれずに投げることができます。

トレーニング方法

軸足のトレーニング方法

砲丸投げを応用します。

軸足に体重を乗せて、ボールを頭の横にセットしてふつうはそのまま投げるんですが、これは軸足に立って前足をつかないようにこのまま投げます。

これも先ほどと全く同じで、軸足に体重を乗せる感覚があるからできるんです。

先日「2軸性」の話をブログでもご紹介したんですが、最初後ろ足に体重を乗せるから次に踏み込み足に体重を移動させることができるんです。

つまり、軸足に体重を乗せることがとにかく大切なんです!

是非短い距離が投げられないなどでお悩みの方、チェックポイントに当てはまった方は練習法を試してみて下さい。

 

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧