【少年野球】だから走らなあかん!ランニングが必要な本当の理由とは?①

だから走らなあかんねん!

皆さんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

今回も学童野球や少年野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えしていきます。

今回のテーマはランニングが必要な本当の理由です。

野球にランニングは必要なのか?

何で走らなあかんねん!

陸上部は野球上手いの?

そんな疑問をいだいていた方も多いのではないでしょうか?

昔からピッチャーはよく「走れ!走れ!」と言われることが多いですよね。

しかし近年では様々なトレーニング理論ができて、「走るよりも効率的な練習があるのではないか?」

「例えば200~400mくらいの短距離の方がもっと効率的にトレーニングできるのではないか?」というような意見も多数あるようです。

私の個人的な感想ではランニングは必要だと思っています。

できるだけしっかり走る方がいいと考えています。

指導者やプロの選手が「走りこめ!!」と指導するのは何か理由があると私は考えています。

私自身ランニングに疑問を持っていた時期もありましたが、学びや選手を見る中で必要だと思いました。

私がランニングが必要だと考えているのは「正しい体重移動」が身につくからです。

ピッチングとランニングの共通点

ピッチングとランニングの共通点

それは、体重移動です。

体重移動の時に何が一番大切なのかというと、しっかり片脚に体重を乗せることができるかです。

走る動作では片脚を前に踏み出す時、前足に体重を乗せるまでは後ろ脚に体重が残っています。

その繰り返しが歩行であり、その延長線上がランニングです。

ピッチングも一緒で、足を上げて前足に体重が乗るまでは軸足に体重が残っています。

踏ん張って体を回転させていく瞬間から前の足に体重が移動していきます。

走る時になぜ軸足に体重を残さなければいけないかというと、ストライドを広げるためには軸足に体重が乗っている時間が必要なんです。

ストライドが短い人は前足を早くついてしまうんですね。

野球選手の体が早く開いてしまう、上体が前に突っ込んでしまうなどの悪い体の使い方として、

後ろ足に体重を乗せれない、前足への体重移動が速いというものがあります。

中殿筋を使えているか?

中殿筋を使うと軸足に体重が残せる!?

なぜ軸足に体重を残せないのかというと、ここではあえて具体的に言いますがお尻の横にある中殿筋という筋肉がうまく使えていないからです。

中殿筋が上手く使えていると、体重移動もしっかりできるし、軸足に体重を乗せることが可能になります。

例えば中殿筋が麻痺してしまうと、トレンデレンブルグ歩行という歩き方になります。

歩く動作で右足を上げたとき、左の中殿筋が働くことで骨盤が平行に保たれます。

中殿筋が麻痺してしまうと、骨盤を上に押し上げることができないため平行に保てなくなり、カクンと骨盤が落ちてしまうんです。

このトレンデレンブルグ歩行は、軸足に体重を乗せることができないので早く足を前についてしまいます。

中殿筋が使えない=こんなイメージなんです。

ランニングをすることでこの中殿筋を使うので、体重移動が身に付きます。

次回は、

次回、だから走らなあかん!ランニングが必要な本当の理由とは?②では、中殿筋がピッチングに与える影響について詳しくご紹介します。

ぜひ子供たちに、ランニングをする意味を伝えてあげてください。

 
お父さんのための野球教室の最新動画はこちら↓
 

 

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

 

 

関連記事一覧