【少年野球ピッチング】なぜ投手は追い込んではいけないのか?

投手の指導で忘れてはいけないこと

お父さんのための野球教室の桜井です。

ドラフト終わったね。今年も記者会見の準備をして待っていたけれど、ボクの名前は呼ばれることはなかった。

ので、また来年に期待

で、今日は投手の指導で忘れてはいけないことを一つお伝えする。

それは、指導者は投手を追い込んではいけない、ということ。

追い込む、というのは苦しい立場に追いつめるということなんだけど…

たとえば、この試合で良いピッチングできないと次の試合には出さねーぞ、という感じのやつ。

これ絶対にダメ。

アクションを起こすポジション

というのも、

野球において、投手は唯一、アクションを起こすポジションだからだ。

全てのプレーは投手から始まる。

つまりアクションを起こすということ。

そのアクションに対して打者、捕手、野手がリアクションをとる。

リアクションの場合、反射的に動けるけれど、

アクションは自分スタート。

なので、考えた後に行動する。

そこで周りの人間が追い込んでしまうと

色々考えちゃって、自信なくしちゃってアクションを起こせなくなるというわけ。

バスケットボールでは

娘のバスケ。

指導者はこの辺りをよくわかっていて、いつもは強めの口調で言うんだけど、それは流れのあるプレーの時だけ。

つまりリアクションの場合だけ。

アクションであるフリースローの時は、今までギャンギャン吠えていてもピタリ何も言わなくなる。

フリースローの時に「外したらどうなるか、わかってるだろうな」

なんてことを言えば、外しちゃいけないってなって、体が動かなくなるよね。

バスケの指導者はほぼ全員、フリースローでは何も言わない。

リアクションでも、ほどほどに

で、野球に話を戻すとキャッチボールも同じだよね。

投げるときはアクションだ。

だからギャンギャン言ってはいけない。

ノックとか、捕球とかは、リアクション。

だからギャンギャン言ってもいい、ってわけではないけれど、ある程度はOK。

動いているから選手も聞き流せるしね。

バッティングもリアクションだけれど、

横でギャンギャン言われると気が散る。ほどほどに。

まとめ

そんなわけで、投手は絶対に追い込んではいけないし、親子でやるキャッチボールの時もちょっと気を付けてみて。

 

 

関連記事一覧