投げる順番が入れ替わってしまうと…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

私どものチームの投手が2年連続で3人肘を故障しました。
DVDにもありましたが投 球前のストレッチ、投球後のダウン・アイシングを行っていますが故障しました。
3人ともオーバースローで、速球よりもコントロール重視の投手です。
体格は平均より も小さいです。
投球フォームなどに何かアドバイスがあれば、参考させていただきた いのですが・・・。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 投げる順番が入れ替わってしまうと…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全般的なフォームのアドバイスについて記させていただきます。

 

まずは、「投げる順序を守る」ということを意識して下さい。

 

投げる順序というのは力の伝え方の順序とも言い換えることができます。

 

大きく言うと下半身から順に上半身、腕、そして指先に力を伝えていくことが投げるうえでの基本であり、重要なことです。

 

これは力のあるボールを投げることや制球力に加え、最も体に負担がかからない投げ方となります。

 

肩や肘などに偏った負担を与えないために、体全体を効率的に使って投げる必要があります。

 

しかし、この投げる順番が入れ替わってしまうと、体が効率的に動かず、どこかしらにその負担が偏ってしまいます。

 

例えば、踏み出す前に上半身が開いてしまうという動作の順番の入れ替わりというのはよく見かけられます。

 

この場合下半身から力が伝わってくる前に体を開くわけですから、開く力を上半身で作っています。

 

当然無駄な力を使っているわけですから、無駄な体力を使っています。

 

そして、体が開く(捻る)べきタイミングでは無いときに、開いているわけですから、 腕がその動作に追いつかず、肩や肘に負担がかかってしまいます。

 

きちんと投げる順番を守っていると、伝わってくる力によって自然に体が動作をしてくれるので、負担は少なく、どこかに極端に偏ることもありません。

 

見ていただきたいのは、足を上げて踏み出し、体重を踏み出した足にのせる、そして体幹(腹筋・背筋などの腰周り)に力が伝わり、上半身が捻られていき、最後の最後で腕を振るという順番がきちんとされているかどうかです。

 

もし、踏み出す前に上半身が開いているような投げる順番が守られていない場合、一つ一つの動作を止めながら、順番を意識してキャッチボールから取り組んでみて下さい。

 

近い距離でいいのでまずはこの順番を守った投球フォームを作っていっていただければと切に願います。

関連記事一覧