menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  4. スピードが先か?コントロールが先か?
  5. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  6. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
  7. 「体重移動」を効率的に体得する方法
  8. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  9. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  10. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

打者が打っても安打出来ないボール

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

初めまして、4月から4年生の子供を持つ親コーチです。

 

自分には野球経験が無く、精神論を重点に指導しているので、桜井さんの指導方法を大変参考にしてしています。

 

今年からピッチャーをさせているのですが、3試合位見て気が付いた事は、ストライクを狙うあまり、腕が振れずに押し投げになってしまうことです。

 

本人いわく、打たせてアウトを取ろうとすると、結果置きに行く形になるようなのですが、自分としては、今の段階でストライク云々よりは、思いっきり投げることが大事なのではと思ってしまいます。

 

桜井さんの意見をお聞きしたいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 打者が打っても安打出来ないボール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私自身も同じような経験を数多くしています。

 

打たせてアウトを取っていこうとして、ある程度打ちごろのスピードでコントロールを重視させるあまり、次第に腕が振れなくなることがよくありました。

 

「打たせてアウトを取ろうとする」のは、球数を抑えて投げていきたい、守備にリズムを作っていきたい、など様々な考えがあってそこに至っていると思います。

 

ですから「打たせてアウトを取ろうとする」ことに至った考え、過程というのはこれからも大事にしていっていただきたいと思います。

 

ただ、少し踏み込んで考えて頂きたいのが「打たせてアウトをとる」ということは、自分一人の力ではどうにもならないところがあります。

 

それは「バッターの意思・行動」があっての結果であるからです。

 

いくら自分が打たせてアウトを取ろうと思っても、バッターが振らなければ打たせてとることは出来ないからです。

 

「打たそう・打たそう」とすると、やはりストライクゾーンに投げようという意識が強くなります。

 

そしてそれが段々と打ちやすい球をなげようとする意識になってきます。

 

打ちやすい球はスピードを抑えた球という意識になり、腕を振らないように投げる意識へと変わります。

 

その結果はストライクをとるはずの意識がストライクをとれない投げ方を導いてしまいます。

 

同じ経験をもつ私からのアドバイスとしましては、まず考え方を少し変えていただきたいということです。

 

「打たせてとる」というのは先ほども書かせていただきましたが、打者の意思・行動に大きな影響を受け、自分一人では成立させることのできない結果です。

 

なんとか「打たせたい」がために出来る工夫は、ストライクを打ちごろのスピードで投げ・・・という先ほどの悪いルーティンしかありません。

 

ですが、「打者が打っても安打出来ないボール」を投げることは自分一人の力で完結することは可能です。

 

それはボールのスピードの緩急をつけて投げることであったり、内外高低のコースに投げ分けることであったり、変化球であったりします。

 

持論ではありますが、コントロールとスピードは反比例するものではありません。

 

きちんと気持ち良く指にボールがかかってスピードのあるボールが行き出すと、コントロールもしやすくなります。

 

ですから少し精神論になってしまいますが、「打者が打っても安打出来ないボール」を投げるんだという意識があると、打者に対して気持ちが向かっていくため、腕もちゃんと振れるようになってきます。

 

そうするとコントロールもしやすくなるので、結果として「打たれても安打」されない投球が出来て来ると考えています。

 

まずは少し意識を変えてみて「打たせてとれる」投手を目指してみて下さい。

 

安定した投球をするためのフォーム作りはこちら

⇒ http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. ピッチャーと、野手のキャッチボールの仕方

  2. バッティング投手をする時に意識して頂きたいこと

  3. 疲れからか腕が下がった時の対処法とは?

  4. 肘の上げる意識の切り替え

  5. 投球フォーム作りの最終的な狙いとは?

  6. ランナーにスタートしにくいなと思わせるために

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村「コントロールが良くないのは息子のキャッチボー…
  2. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
ページ上部へ戻る