【少年野球】ピッチング練習・アーム投げ前編

遠心力で投げる投げ方「アーム投げ」

みなさんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツになるようなことをお伝えしていきます。

今回のテーマは、遠心力で投げる投げ方の直し方です。

遠心力で投げるとは、俗にいう「アーム投げ」のことだと思ってください。

それでは、アーム投げについてお話します!

2つの腕の使い方

まずボールを投げるという動作は「遠心力」と「肘の伸展(肘を伸ばす)」という2つの動作からできています。

体の回転に合わせて腕が振られるのが遠心力での腕の振り方です。

もう一つ必要なのが肘の伸展という動作です。

例えばダーツの投げ方がまさに伸展投げですね。内野手のスナップスローもこの肘伸展を優位に使っています。

実際には、この「遠心力+ひじの伸展」で野球の投げるという動作はできています。

なぜ遠心力だけだとダメなの?

なぜ遠心力だけだとダメなの?

コントロールが悪い、ボールがスライダー回転する、またはシュート回転がひどい選手は遠心力を優位に使っています。

いわゆるアーム投げです。

アーム投げの選手はコントロールがつきにくいです。

というのも投球動作というのはまっすぐ前に投げたいもの。

投げる時のボールの軌道も極力まっすぐのラインに乗せたいのです。

すごく極端な話をすると、伸展の動作だけでボールを投げると、まっすぐのラインにずっとボールが乗り続けているので左右にぶれることがないんですね。

しかし遠心力で投げると、常にまっすぐの軌道から逸脱してしまいます。

まっすぐの軌道に乗せるには、ここ!という「一点」だけになります。

つまりピンポイント、ここ!という瞬間で離さなければその軌道に乗らないんです。

遠心力で投げると、この点のポイントを掴むのが非常に難しく、ラインの上に乗らない。コントロールをつけるのが非常に難しいですね。

なぜ、左利きはコントロールが悪いと言われるのか?

左利きはコントロールが悪いと言われる理由

昔から、左のピッチャーのコントロールが悪いと言われます。

これは左ピッチャーが体の特性として、右ピッチャーに比べ遠心力を優位に使っていることが原因かもしれません。

遠心力で投げている選手は、ボールの回転にもばらつきが出ます。

遠心力で投げると、ボールには常に外に向う力が働きますので、そのボールが外に逃げないように指でボールを引っ掛けるようになります。

そうなるとスライダー回転になりますし、指で引っ掛けなければシュート回転がひどくなります。

後編では、遠心力優位の投げ方の修正方法をご紹介します!

 

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧