menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

質問させてください。

 

小学校5年生でピッチャーをしていますが、ステップ後、状態が前のめりになりすぎる傾向があり、自分でリリースポイントが分らないときがあるようです。

 

また、上体が突っ込むせいで、腕を振り切れない時が、多くあります。

 

改善策を教えて下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントは二つあります。

 

一つ目は上半身の姿勢。

 

これを常に真っすぐに保つことです。

 

そうすることで、無駄な力と無駄な動きを少なくすることが出来ます。

 

ここで大切なことは、真っすぐな姿勢をとるためにはどのような意識そして感覚が必要かを知ることです。

 

本人は真っすぐだと思っていても、案外その感覚と実際の体の形はずれているものです。

 

これは鏡の前で、真っすぐな姿勢をとってみて、自分の感覚と実際の形を確認していくことでその差異を詰めていくことが出来ます。

 

二つ目は、足を先に踏み出してから腕を振るという意識をもつことです。

 

上体が突っ込むのは踏み出す足よりも前に上体が位置してしまうということです。

 

つまり逆に言うと、踏み出す足が上体よりも前に位置する形を作れば突っ込んだ形にはならないということです。

 

ですから、足を上げてから、踏み出す足を前に出して、地面に足が着地したのを確認してから腕を振るということを意識すれば上体の突っ込みは自然と改善されてきます。

 

この2点を意識してキャッチボールしてみて下さい。

⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. マウンドの高低によるピッチングのバラツキへの対応

  2. 低めの球に力がない理由

  3. 楽しく感じられない時に怪我のリスクは非常に高まります。

  4. コントロールが乱れた時の対処方法とは?

  5. 投球時の腕のしなりについて

  6. 大会前の投球練習のチェックポイント

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る