上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

質問させてください。

 

小学校5年生でピッチャーをしていますが、ステップ後、状態が前のめりになりすぎる傾向があり、自分でリリースポイントが分らないときがあるようです。

 

また、上体が突っ込むせいで、腕を振り切れない時が、多くあります。

 

改善策を教えて下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントは二つあります。

 

一つ目は上半身の姿勢。

 

これを常に真っすぐに保つことです。

 

そうすることで、無駄な力と無駄な動きを少なくすることが出来ます。

 

ここで大切なことは、真っすぐな姿勢をとるためにはどのような意識そして感覚が必要かを知ることです。

 

本人は真っすぐだと思っていても、案外その感覚と実際の体の形はずれているものです。

 

これは鏡の前で、真っすぐな姿勢をとってみて、自分の感覚と実際の形を確認していくことでその差異を詰めていくことが出来ます。

 

二つ目は、足を先に踏み出してから腕を振るという意識をもつことです。

 

上体が突っ込むのは踏み出す足よりも前に上体が位置してしまうということです。

 

つまり逆に言うと、踏み出す足が上体よりも前に位置する形を作れば突っ込んだ形にはならないということです。

 

ですから、足を上げてから、踏み出す足を前に出して、地面に足が着地したのを確認してから腕を振るということを意識すれば上体の突っ込みは自然と改善されてきます。

 

この2点を意識してキャッチボールしてみて下さい。

⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/


お父さんのための野球教室LINE公式アカウント開始記念

お父さんのための野球教室公式LINEアカウントと友達になるだけでDVDが半額で手に入ります!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、お父さんのための野球教室で使えるクーポンをプレゼント! すべての野球DVD教材おひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧