menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチングで肘が下がる

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

小学4年(もうすぐ5年)で今投手をやってます。

 

ピッチングをするとどうしても肘が下がります。

 

でもシャドウピッチングだと綺麗に肘もあがってます。

 

肘が下がらないように教えるにはどうすれば良いでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ボールの軌道のイメージを変える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず、腕の振りの意識、そしてボールの軌道のイメージを少し変えていくというアプローチで肘の下がりを修正していきましょう。

 

腕の振りは踏み出した足の膝のすぐ外側に振るという意識をもたせてあげて下さい。

 

そして、ボールがホップする(実際にはないのですが)軌道のイメージを投げる前に持たせてあげて下さい。

 

伝え方としては、腕の振りはそのまま伝えていただいて結構です。

 

ホップさせるイメージについては、マウンドから4~5m先にボールをたたきつけるように投げさせてあげて下さい。

 

実際にワンバウンドしてもOKです。

 

きちんと意識出来ている証拠ですので、もっとたたきつけてボールに回転を与えホップさせていこうという具合で乗せてあげて下さい。

 

そうすると上からボールに力を与えていこうという意識が強くなるので、自然に肘が上がってきます。

 

一度取り組んでみて下さい。

関連記事

  1. マウンドの高低によるピッチングのバラツキへの対応

  2. 川村卓(かわむらたかし)

    小学生のうちにやっておくべきこと

  3. 投球の力みをなくして進化させるコツ

  4. 正しくボールを投げる練習法

  5. 内角、外角の投げ分け

  6. 投手交代の考え方について

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る